補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
給付金 事業継続臨時支援金(函館市)

【受付終了しました】新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛等により大きな影響を受けている飲食店、ホテル・旅館等、観光土産店に対して事業継続の一助となるよう市独自の支援金を給付します。

公募期間 2021年04月01日 ~ 2022年06月30日
上限金額 20万円
地域 北海道函館市
助成率 定額支給
実施機関 函館市
対象者 函館市内の飲食店、ホテル・旅館、観光土産店(本店や個人事業主の住所が市外でも可)
2022/05/27 更新

特徴

実施機関名 函館市
概要 ◆申請要件

(1)令和3年2月25日(木)時点で,次の対象施設に関して必要な許認可等を取得のうえ開業し,今後も事業を継続する 意思のある方

1 飲食店
・主として注文により直ちにその場所で料理,その他の食料品または飲料を提供する食事提供施設
・店舗内(屋内)に飲食可能なテーブルや椅子が常時設置されていること
※あきらかに当該店舗の商品を飲食するためと認められるものに限る。
【対象となる例】飲食店,料理店,喫茶店,居酒屋,イートインのある菓子・パン店,フードコート等
【対象外の例】コンビニエンスストア,スーパーマーケット(店舗内に独立して営業する場合は除く),移動販売車,宅配・テイクアウト専門店,社員食堂(一般の方が自由に出入りできない施設・店舗)

2 ホテル・旅館等
・旅館業法に基づく「旅館・ホテル営業」または「簡易宿所営業」の許可を受けている施設
・住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業(民泊)の届出を行い管理された施設
※ 旅館業法に基づく「下宿営業」や社員・会員など特定の者を宿泊させる施設を除く。

3 観光土産店
ア)北海道による休業要請(令和2年4月25日~5月15日)に応じ「休業協力・感染リスク低減支援金」の給付を受けた土産物店。
イ) ア)以外で函館の観光地等において農水産品や加工品,菓子,民・工芸品等を販売する店舗。※ インターネット販売やカタログ販売を除く。


(2)函館市内に対象施設を有する法人または個人事業者
 ・函館市外に本店所在地を置く法人, 函館市外に自宅住所を有する個人事業者を含む。

(3)対象施設において次のすべての感染防止対策に取り組んでいる方
1 対象施設に消毒設備を設置し入場者等に手指消毒を実施するなど,来店者等の感染症予防を徹底していること
2 従業員のマスク着用の徹底,対象施設の消毒やこまめな換気を行うなど,必要な感染症予防を徹底していること
3 その他,営業にあたって業種別ガイドラインに基づき,対象施設における感染症予防の再確認と徹底をしていること 
→業種別ガイドライン:https://corona.go.jp/prevention/(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室のホームページを参照)

(4)次のいずれにも該当しない方
 ・申請者の代表者,役員又は使用人その他の従業員もしくは構成員等が函館市暴力団の排除の推進に関する条例(平成26年条例第15号)第2条第1号,第2号に規定する暴力団および暴力団員もしくは同条例第6条に規定する暴力団関係事業者に該当する者。
 ・宗教活動または政治活動を目的とする事業を行う者。


◆申請に必要な書類

(1) 函館市事業継続臨時支援金申請書(第1号様式)
必ず申請者名義の口座を指定ください。法人の場合は当該法人名義の口座に限ります。

(2) 誓約書(第2号様式)
申請書類に虚偽がないことなどを誓約していただきます。

(3) 営業の実態が確認できるもの(1・2いずれも必要)
● 1 直近の確定申告書類の写し
【法人の場合】
直近の法人税の確定申告書「別表一」の写し
【個人事業者の場合】
令和2年分の確定申告書「第一表」の写し
※ 令和2年分の確定申告書の写しがない場合は,令和元年分の確定申告書の写しおよび令和3年1月から申請の前月までの帳簿等の写し
※ 確定申告がない場合は,令和3年度市民税・道民税申告書の写しまたは令和3年1月から申請の前月までの帳簿等の写し
●2 各種法令に基づく営業許可証または届出の写し
※ 許可の必要がない業種は不要

(4) 業種・業態・感染防止対策が確認できるもの
●1 対象施設等の外観および内観,感染防止対策に取り組んでいることがわかる写真
※ 外観写真:店舗名がわかるもの
内観写真:(全業種) 感染防止対策をしている場所や様子がわかるもの
(飲食店) 室内の飲食スペースがわかるもの
(ホテル・旅館等) フロント付近がわかるもの
(観光土産店) 販売商品がわかるもの
※ 写真で業種が確認できない場合はホームページの画面の写し等を提出
観光土産店のみ,1に加えて2・3いずれかが必要になります。
●2 北海道の「休業協力・感染リスク低減支援金」の給付決定に係る通知の写し
●3 観光土産品を販売していることがわかる帳簿等書類

(5) 通帳の写し
口座名義人,口座番号,口座種別,金融機関名,支店名がわかるページの写し

(6) 本人確認書類の写し(個人事業者のみ)
運転免許証,パスポート,保険証等のいずれかの写し

※ その他必要に応じて書類の追加提出を求めることがあります


◆ 申請方法(申請は,1事業者あたり1回限りとなります。)

・郵送
〒040-0011
函館市本町6-7  函館第一ビル1階
函館市支援金本部 宛 
※令和3年6月30日(水)消印有効
※簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。
※切手を貼付,裏面には差出人の住所及び氏名を必ずご記入ください。
※感染拡大防止のため,持参による申請書の提出は受け付けしておりません。
課題・資金使途 機械への投資を行いたい、新しく顧客・販路を拡大したい、ITツール・テレワークの導入・DX化を行いたい、まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 20万円
助成率 定額支給
対象費用 指定なし

申込条件

対象者 函館市内の飲食店、ホテル・旅館、観光土産店(本店や個人事業主の住所が市外でも可)
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
対象事業規模 小規模事業者、小規模企業者、中小企業者
業種分類 サービス業、飲食業、小売業、宿泊業
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 北海道函館市
訪問の必要性 場合によって必要
公募期間 2021年04月01日 ~ 2022年06月30日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る