補助金・助成金・融資等を一括検索

詳細検索

地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 ITビジネス支援事業補助金(足利市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

足利市内の産業振興及び移住定住の促進、市民の雇用機会の拡大を図るため、ICTや情報通信系の企業誘致・企業定着を促進し、それら企業が実施する関連事業を支援させていただきます。

公募期間 2024年04月01日 ~ 2025年02月28日
上限金額 150万円
地域 栃木県足利市
助成率 2分の1
実施機関 足利市
対象者 足利市内に事業所を有する又は新たに市内に事業所を設置する法人
2024/06/25 更新

特徴

実施機関名 足利市
概要 ■補助対象者
〇次の各号のすべての要件を満たす者とする。
1.市内に事業所を有する又は新たに市内に事業所を設置する法人であること。
2.法人設立から5年以上が経過していること。
3.主たる事業が、情報通信技術に係る自社のIT資産や情報資産を活用した事業であること。
4.市内の事業所で実施する事業が、ITビジネスに関連するものであること。
5.新たに事業所を設置する場合は、事業所として3年以上運用すること。
6.新たに事業所を設置する場合は、都市計画法や建築基準法等のその他の関係法令に違反しないこと。
7.市税を滞納していないこと。

■補助事業・補助対象経費等 ※補助対象者に該当する企業であれば、3つの補助制度を活用することができます。
(1)施設整備事業(補助率:100分の50以内、限度額:100万円)
【補助事業等の範囲、基準】
1.新設型
・市内にある事業所以外の場所に事業所を整備
・市内に新たに事業所を整備
2.移転型
・市内にある事業所を閉鎖して、市内の別の場所に新たに事業所を整備
3.増設型
・現在の事業所内のいずれかの場所(事業所敷地内での建屋新設・既存建屋の未利用部屋)を整備
【対象経費】
・通信環境整備費(インターネット通信回線の敷設工事費等)
(2)人材育成事業(補助率:100分の50以内、限度額:50万円)
【補助事業等の範囲、基準】
1.期間型
・市民を対象としたITビジネス体験施設を解説
・対象期間:令和6年4月1日から令和7年2月28日
2.単発型
・市民向けのプログラミング教室や人材育成に係るイベント等の開催
・対象期間:令和6年4月1日から令和7年2月28日
【対象経費】
・施設使用料(賃料含む)、・機器賃借料、・外部委託料
(3)従業員等雇用・移住(補助率:役員及び従業員1人に付き一律20万円)
【補助事業等の範囲、基準】
・ITビジネスの実施に伴い、6ヶ月以上本市に定住する市民を雇用したとき、又は令和5年4月1日以降に市民となった役員及び従業員が6ヶ月以上足利市に定住したとき。
【対象経費】
・対象の従業員等は、令和6年4月1日から令和7年3月31日までに雇用、移住した者とする。
・事業完了届の届け出時に、令和6年4月1日以降に市民となった役員及び従業員が6ヶ月以上定住していないときは、事業者が市に従業員の定住を誓約する。

■申請期限等
(1)施設整備事業:補助対象経費に係る事業所の整備に係る行為に着手しようとする日の前日まで
(2)人材育成事業:期間型の場合…令和6年4月1日から令和7年2月28日、単発型の場合…イベント等の開催10日前まで
(3)従業員等雇用・移住:対象となる従業員等の雇用・移住に係る行為を行う日まで
課題・資金使途 オフィス・工場を開設したい
上限金額(助成額等) 150万円
助成率 2分の1
対象費用 通信環境整備費,施設使用料,機器賃借料,外部委託料,雇用費

申込条件

対象者 足利市内に事業所を有する又は新たに市内に事業所を設置する法人
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 情報通信業(IT)
継続年数 4期目以降
地域 栃木県足利市
訪問の必要性 場合によって必要 要事前相談
公募期間 2024年04月01日 ~ 2025年02月28日

その他

備考
以下の情報を更新しました
締切日
応募受付期間

登録しました

解除しました