補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 みやぎ産業廃棄物3R等推進事業費補助金(研究開発等)(宮城県)

宮城県では、産業廃棄物の3Rに繋がる技術や製品の開発を目指す事業者の皆様に対し、事業化検討から事業化後の販売促進まで、一貫して支援します。

公募期間 2022年03月31日 ~ 2022年05月31日
上限金額 2,100万円
地域 宮城県
助成率 2分の1または3分の2
実施機関 宮城県
対象者 宮城県内に事業所を有する事業者(予定も含む。) 県内の住所地、居所地又は事業場等の所在地を納税地として青色申告を行っている個人事業者
2022/04/27 更新

特徴

実施機関名 宮城県
概要 ■対象者
県内に事業所を置く法人その他の団体(ただし、市町村、一部事務組合そのほか知事が別に定めるものを除きます。)又は県内の住所地、居所地又は事業場等の所在地を納税地として青色申告を行っている個人事業者のうち、以下の全ての要件に適合する者とします。
1.全ての県税に未納がないこと
2.過去3年間に,交付決定を受けた補助事業に対し,規則第16条第1項の規定による交付決定の取消しを受けていないこと
3.過去3年間に,交付要綱で規定する環境関係法令に基づく処罰又は命令その他不利益処分を受けていないこと
4.物品調達に係る競争入札の参加資格制限要領(平成27年4月1日施行)第2条第1項の規定による資格制限又は宮城県建設工事入札参加登録業者指名停止要領(平成27年4月1日施行)第2条第1項の規定による指名停止を受けていないこと
5.暴力団排除条例(平成22年宮城県条例第67号)に規定する暴力団又は暴力団員等ではないこと

■補助内容
〇補助対象事業
1.産業廃棄物の3R等事業に関する調査・検討(県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する事業の検討)
2.産業廃棄物の3R等事業に関する研究・技術開発(県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する技術又は製品・設備等の研究開発、応用、改良を行う事業)
3.産業廃棄物の3R等に関する製品の販売促進活動(県内の産業廃棄物の3R等及び産業活動に由来するプラスチック製廃棄物による海洋環境の負荷低減に資する商品等の販売促進を行う事業)
〇補助対象経費
原材料費、機械装置費、外注・委託費、共同開発費、広報宣伝費など
〇補助金額
・ステップ1(事業化検討):補助率2分の1、補助上限額100万円。
・ステップ2(研究開発):補助率2分の1、補助上限額500万円×3年又は750万円×2年。
・ステップ3(販売促進):補助率2分の1、補助上限額100万円。
※知事が指定する取組に該当の場合は、以下の通り。
・ステップ1(事業化検討):補助率3分の2、補助上限額100万円。
・ステップ2(研究開発):補助率3分の2、補助上限額700万円×3年。
・ステップ3(販売促進):補助率3分の2、補助上限額100万円。
課題・資金使途 研究開発を行いたい、環境問題への対応・省エネ対策をしたい
上限金額(助成額等) 2,100万円
助成率 2分の1または3分の2
対象費用 委託費、指導受入費、広報宣伝費、事務経費、原材料費・副資材費、機械装置・工具器具費、共同研究費、その他(設備のリース費など)

申込条件

対象者 宮城県内に事業所を有する事業者(予定も含む。)
県内の住所地、居所地又は事業場等の所在地を納税地として青色申告を行っている個人事業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 宮城県
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年03月31日 ~ 2022年05月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る