補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 事業承継支援補助金(若桜町)

休廃業の抑制及び雇用機会の拡大を図り,地域経済の活性化を推進するため, 町内事業所の事業を承継する法人又は個人に対し補助金を交付します。

公募期間 2020年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 50万円
地域 鳥取県若桜町
助成率 10分の10
実施機関 若桜町
対象者 事業承継を行う町内の事業者
2022/05/17 更新

特徴

実施機関名 若桜町
概要 ■補助事業者
 補助金の交付対象となる者は,町内における事業を承継し,次に掲げる要件の全てを満たすものとする。
(1)現に町内に事業所を置き,事業を営んでいる事業の承継を行うこと。
(2)申請年度内に事業承継すること又は申請時に事業承継から1年を経過していないこと。
(3)商工会から適切な事業計画を有しているものとして推薦を得ていること。
(4)町税等を滞納していないこと。
(5)事業承継後3年以上継続して当該事業を行うこと。
(6)交付申請日において,次に掲げるいずれかに該当すること。
   ア 事業所の代表者が町内に居住し,住民基本台帳に記録されていること。
   イ 町内に住所を有する従業員を雇用していること。
   ウ 町内において法人を設立していること。

■補助対象経費
 補助金の交付の対象となる経費は事業承継の手続に係る必要な次の経費とし,申請年度内に事業が完了するものとする。
(1)事業所の修繕,改修等に要する経費
(2)設備の修繕又は更新に要する経費
(3)備品の購入費
(4)広告宣伝費
(5)その他町長が特に必要と認める経費

■補助金の額
・補助率:補助対象経費の10分の10以内
・限度額:50万円 ※1000円未満の端数は切り捨て
※補助金の交付は,同一の事業所に対して1回限りとする。

■交付申請
 補助金の交付を受けようとする事業承継者は,着手前に交付申請書(様式第1号)に次の各号に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。
(1)事業承継(変更)計画書(様式第2号)
(2)誓約書(様式第3号)
(3)第4条各号に掲げる経費に係る見積書
(4)町税の滞納がないことが分かる証明書
(5)商工会からの推薦書
(6)事業承継後申請する場合は法人登記事項証明書又は税務署に提出した開業・廃業等届出書の
写し
(7)従業員名簿
(8)その他町長が必要と認める書類

■実績報告
 補助事業者は,補助対象事業の完了の日から30日を経過した日又は交付決定通知を受けた日の属する年度の翌年度の4月20日のいずれか早い日までに,実績報告書(様式第5号)に次の各号に掲げる書類を添えて,町長に提出しなければならない。
(1)補助対象経費の領収書等の写し
(2)事業の完了を確認できる写真(工事については施工前,施工中,施工後の写真)
(3)法人登記事項証明書又は税務署に提出した開業届出書の写し
(4)その他町長が必要と認める書類

■その他
・令和2年度より制度が変わり,着手前に申請を行うことが必要となっておりますので,事前に役場にぎわい創出課または若桜町商工会へご相談ください。
・交付申請および実績報告の書類様式は,本補助金の公式サイトにて確認してください。

■問い合わせ先
 役場にぎわい創出課(TEL:0858-82-2238)
 若桜町商工会(TEL:0858-82-1811)
課題・資金使途 事業承継を行いたい
上限金額(助成額等) 50万円
助成率 10分の10
対象費用 事業承継の手続に係る 必要な経費

申込条件

対象者 事業承継を行う町内の事業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 鳥取県若桜町
訪問の必要性 不要
公募期間 2020年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る