補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 空店舗出店支援事業補助金(三次市)

空店舗の解消によるにぎわいの創出および商業の活性化を支援するため、新たに市内の空店舗に出店する新規創業者等に対し、店舗改修等に必要な経費の一部を助成します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 100万円
地域 広島県三次市
助成率 2分の1以内
実施機関 三次市
対象者 三次市内の事業者
2022/06/16 更新

特徴

実施機関名 三次市
概要 ■補助対象者
〇次の要件にすべて該当する方が対象となります。
1. 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者(大企業者の出資率が2分の1未満)で、市内に本社を有する法人、個人または市内に住所を有する新規創業者
2. 納期限の到来した市税・料を完納している方
3. 3年以上継続して事業を実施する方
4. 三次商工会議所または三次広域商工会の経営指導等を受けている方
5. 国、県、市、財団等から同一事業に対する助成を受けていない方
〇補助の対象外となる場合
次のいずれかに該当する場合は補助の対象外となります。
1. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の適用を受ける店舗や公序良俗に反する店舗の場合
2. 営業時間が17時以降のみの場合(昼間の営業がない場合)
3. 営業日数が週4日未満の場合
4. 市外に本店を有する事業者のチェーン店または支店等として出店する場合
5. 一旦閉じていた店舗が本人または親族(3親等内の血族、配偶者および2親等内の姻族)所有の店舗で、当該店舗を本人または親族が再び営業する場合
6. 事務所または倉庫として利用する場合
7. 店舗の新・改築等に伴い、仮店舗として利用する場合
8. 市内で現に営業している方(過去6か月以内に営業していた方を含む。)が、当該店舗を閉店して新たに出店する場合
9. 出店しようとする空店舗が過去に本補助金(旧制度に基づく補助金を含む。)の交付を受けて改修している場合(看板・サイン類関係、賃借料を除く)
10. 三次市三次町街なみ整備助成事業補助金交付要綱に定める補助金交付対象事業に該当する部分の店舗改修費

■対象となる空店舗
市内で過去に事業を営んでいた店舗で現在は閉店している店舗
※空き家、住居等を店舗に改装する場合は対象となりません。

■補助対象経費
1. 店舗改修費(什器、備品および設備機器の導入に要する経費を除く)
2. 看板・サイン類の製作および設置に要する経費
3. 出店する店舗の賃借料
※補助対象経費に係る消費税および地方消費税相当額を除く。

■補助内容
〇補助率
(1)店舗改修費看板・サイン類関連費:2分の1以内
(2)店舗賃借料:月額の2分の1以内
〇補助上限額
(1)店舗改修費看板・サイン類関連費:100万円
※看板・サイン類関連費は、10万円を上限とする。
(2)店舗賃借料:100万円
※賃借に係る敷金および礼金を除く。月額5万円を上限とし、交付決定を受けた同一年度限りとする。

■交付条件等
1. 店舗改修(看板・サイン類を含む)を行う施工業者は、市内に本店を有する建築工事業者等(個人を含む)であること
2. 補助金交付決定後に着工し、当該年度内に工事が完了すること

■お問い合わせ
部署名: 産業振興部 商工観光課 商工労働・企業誘致係
電話番号: 0824-62-6171
FAX番号: 0824-64-0172
E-mail: shoukou@city.miyoshi.hiroshima.jp
課題・資金使途 建物への投資を行いたい
上限金額(助成額等) 100万円
助成率 2分の1以内
対象費用 店舗改修費,店舗の賃借料

申込条件

対象者 三次市内の事業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 飲食業、小売業、卸売業、医療、介護、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 広島県三次市
訪問の必要性 必要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る