補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
制度融資 水産業振興資金(長崎県)

水産業の振興・発展を図るため、沿岸漁業者等に対して漁業の経営、水産物の流通改善等に必要な資金を融通できるように、融資機関に県が資金の一部を預託する制度です。(根拠法「長崎県水産業振興資金貸付要綱」)

借入可能額 80億円
金利 1.60% ~ 2.58%
最長借入期間 10か月
審査回答期間
実施機関 長崎県
地域 長崎県
担保 場合によって必要
代表者連帯保証 場合によって必要
対象者 長崎県内で漁業を営む中小漁業者及び中小水産加工業者

特徴

実施機関名 長崎県
概要 ■対象者
〇長期資金
県内で漁業を営む中小漁業者(個人・法人)及び中小水産加工業者(個人・法人)
〇短期資金
 ア. 沿岸漁業を営む個人・法人(組合員)
 イ. 漁業協同組合(信漁連会員)
 ウ. 漁業協同組合連合会
 エ. 知事が特に必要と認める公共的水産団体等の法人(漁業団体等)
〇漁業経営安定対策支援資金(H27~32)
 中小漁業者及び漁業者の契約を束ね一括加入方式とする漁業協同組合
 ※ 県税を完納していること。

■資金使途
設備資金、運転資金

■融資限度額
〇長期資金
1500万円
〇短期資金
・沿岸漁業を営む個人:3000万円
・沿岸漁業を営む法人:5000万円
・漁業協同組合:1億5000万円
・漁業協同組合連合会:8億円
・漁業団体等 :2億円
〇漁業経営安定対策支援資金
1500万円
(漁業経営者の契約を束ね、一括加入方式とする漁業協同組合に対し貸し付ける場合にあっては、一漁業経営者ごとに1500万円を限度とし、当該漁業経営者に対する個々の貸付額の総和)

■貸付利率
〇長期資金:年2.58%
〇短期資金:年1.60%
〇漁業経営安定対策支援資金:基準金利の2分の1(当該貸付利率が100%を下回る場合にあっては100%)
※この貸付利率は融資機関が信漁連の場合



■償還期間
〇長期資金
・設備資金:10年以内(うち据置2年以内)
・運転資金:5年以内(うち据置1年以内)
※魚類養殖漁業の運転資金については、養殖魚の販売時期に合わせて償還期限を設定する。その他の漁業の運転資金の償還期限は、原則として1年以内とする。
〇短期資金
運転資金:1年以内
〇漁業経営安定対策支援資金
3年以内
※下記の事業に加入するために行う積立金を対象
・国の資源管理等推進収入安定対策事業
・国の漁業用燃油価格安定対策事業

■融資利率
1.35%

■担保・保証人
取扱金融機関又は保証協会の定めるところによる。
課題・資金使途 運転資金の増加に対応したい、機械への投資を行いたい

申込条件

対象者 長崎県内で漁業を営む中小漁業者及び中小水産加工業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 農業・林業・漁業 貸金業、クレジットカード業等非預金信用機関を除く、駐車場業を除く、火葬・墓地管理業を除く、郵便局を除く、廃棄物処理業、政治団体、と畜場、宗教、外国公務を除く
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 長崎県
訪問の必要性 不要
担保必要性 場合によって必要
代表者連帯保証の必要性 場合によって必要
保証人の必要性 場合によって必要

借入条件

借入可能額(融資限度額) 80億円 個人3000万円、法人5000万円、漁業協同組合1億5000万円、漁業協同組合連合会8億円、漁業団体等2億円
借入期間 ~ 10か月

金利条件

金利(年率) 1.60% ~ 2.58% 融資機関が信漁連の場合
金利体系 固定金利

返済方法

返済方式 取扱金融機関又は協会所定の方法による
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る