補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 新規雇用補助金(美方郡香美町)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

新型コロナウイルス感染症の影響等により雇用の確保や失業など、雇用に関する情勢に厳しさがみられる中で町民の雇用機会の創出と町内中小企業者の人材確保を図るため、新たに一定期間以上従業員を雇用した法人及び個人事業者に対して、香美町新規雇用補助金を交付するものです。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
上限金額 50万円
地域 兵庫県
助成率 定額支給
実施機関 美方郡香美町
対象者 香美町内に所在する店舗で事業を営む中小企業者
2022/07/06 更新

特徴

実施機関名 美方郡香美町
概要 ■補助金の対象となる事業主の条件
次のすべてに該当することが必要です。
(1)町内に所在する店舗で事業を営む中小企業者であること。
(2)対象労働者を次のいずれにも該当する条件で雇い入れる者であること。
1.令和4年2月1日から令和4年7月31日までに雇い入れること。
2.公共職業安定所の職業紹介を通じて雇い入れること。
3.雇用期間の定めがないこと、若しくは定めがある場合は、原則的に更新されることが明確にされていること。
4.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
5.主たる勤務地が本町の区域内であること。
6.対象労働者が雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者であること。
7.労働関係法令等を遵守した雇用条件により雇い入れ、かつ、社会保険等に適切に加入させていること。
(3)雇入日から6か月間継続して雇用し、かつ、補助申請を行うまでの間、継続して雇用していること。
(4)前各号に掲げる者のほか、町長が認める者

■次のいずれかに該当する場合は対象となりません。
(1)町税の滞納がある者又は必要な申告を行っていない者
(2)国、地方公共団体、宗教上の組織又は団体、政党その他の政治団体
(3)国、地方公共団体が出資による権利を有している者
(4)香美町暴力団排除条例(平成24年香美町条例第29号。)第2条第1号及び第2号の規定に該当する者
(5)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する風俗営業又はこれに類似する業種を営む者のうち、対象労働者を接待業務等に従事させる者
(6)対象労働者との雇用契約締結日前1年の間に、当該対象労働者を雇用していた者と資本的、経済的等の関連性からみて密接な関係にある者
(7)対象労働者と雇用契約締結日前1年の間に、当該対象労働者を雇用していた者
(8)雇い入れ事業所の事業主又は取締役等の3親等内の親族(配偶者又は3親等内の血族若しくは姻族をいう。)である対象労働者を雇用した者
(9)国、県、町又は公共的団体等から類似する補助金等の交付を受けている者
(10)前各号に掲げる者のほか、補助金を支給することが適当でないと町長が認める者
〔注意〕補助金の受給を目的に、既に雇用している労働者を公共職業安定所に事後登録した場合は、対象といたしません。

■対象労働者の要件
補助金の交付を受けようとする事業主に新たに雇い入れされた日から補助金の申請日までの期間において、継続して本町に居住し、住民
基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により記録されていること。

■補助金額等
〇補助金総額の上限
250000円/人
〇補助金の額について
(1)補助金の額は、実際に労働した時間により計算し、1時間当たり250円とします。ただし、対象労働者1人あたり1日の補助金の上限額を2000円です。
(2)同一事業主に対する補助の対象とする対象労働者は、2人を上限とします。
(3)雇入日から6か月間継続して雇用し、補助申請を行うまでの間、継続して雇用していることが必要です。

■申請期限
令和5年1月31日まで

■お問い合わせ先
観光商工課
電話番号:0796-36-3355
FAX番号:0796-36-3809
課題・資金使途 人を雇いたい
上限金額(助成額等) 50万円
助成率 定額支給
対象費用 人材の雇用費

申込条件

対象者 香美町内に所在する店舗で事業を営む中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 兵庫県
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る