補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
助成金 MICE開催支援助成金(京都市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

京都市内において開催される学会、会議、総会、大会等のうち、京都市の活性化に寄与すると考えられるものに対し、その開催に係る資金の一部を助成します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 200万円
地域 京都府京都市
助成率 10分の10
実施機関 公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー
対象者 京都市内で開催される学会、会議等の主催者
2022/07/06 更新

特徴

実施機関名 公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー
概要 ■助成対象
 助成対象となる MICE(※)は、次の各号に掲げる要件をすべて満たす学会、会議、総会、大会、コーポレート・ミーティング、インセンティブ・ツアー等とする。
 ただし,コンベンションビューローが必要と認める場合はこの限りでない。
(1)京都市内で会期が2日以上の会議等を開催すること。
(2)現地予定参加者が50名以上であること。
(3)政治活動又は宗教的活動を目的としないものであること。
(4)本補助事業に京都市の他の予算・補助金を利用していないこと。ただし「大規模国際コンベンション開催支援助成金」を除く、他の助成金との併用が可能。
(5)申請者及び助成を受けようとする MICE 主催者は、京都市暴力団排除条例第2条第4号に規定する暴力団員等または同条5号に規定する暴力団密接関係者ではないこと。
(6)当該助成事業は公序良俗に反するものでないこと。

 ※MICE(マイス)とは、Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行、travel, tour)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉である。

■助成金額
 助成金額は、会議等1件につき原則として200万円を超えないものとし、会議の開催時期・期間・規模等に応じて金額を決定する。

■交付申請
 助成を受けようとする主催者等は、公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー京都市 MICE 開催支援助成金交付認定申請書(第1号様式の1)に次の各号に掲げる書類を添えて、コンベンションビューローに提出するものとする。
 申請は対象事業の開催予定日1ヵ月前までとし、原則1ヵ月を過ぎた申請は受け付けない。
(添付書類)
 ・公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー京都市 MICE 開催支援助成金交付認定審査依頼書(第1号様式の2)
 ・事業計画書又は開催趣意書
 ・収支予算書又は資金計画書
 ・その他コンベンションビューローが必要と認めるもの

■助成金活用の告知等
 主催者等は、助成対象事業の実施に当たっては、作成する印刷物(ポスター,プログラム,パンフレット等)や看板などに必ず以下の京都 MICE ロゴと定型文を用いてコンベンションビューローからの助成を受けている旨を表示しなければならない。

■問い合わせ先
 公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー
  〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階
  TEL:075-353-3050(代表) FAX: 075-353-3055
課題・資金使途 まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 200万円
助成率 10分の10
対象費用 学会、会議等の開催に係る経費

申込条件

対象者 京都市内で開催される学会、会議等の主催者
事業形態 法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 京都府京都市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る