補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 山科きずな支援事業補助金(京都市山科区)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

区民、地域団体、NPO法人、大学等との「共汗・協働」によるまちづくり活動を推進するため、実施団体に対し補助金を交付します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 30万円
地域 京都府
助成率 2分の1以内
実施機関 京都市山科区
対象者 山科区内でまちづくり活動を行う団体等
2022/07/06 更新

特徴

実施機関名 京都市山科区
概要 ■補助対象事業
 次の各号のいずれにも該当するものとする。
(1)山科区内で実施されるものであること。
(2)山科のまちづくりの推進に資するものであること。
(3)次のア、イ、ウのいずれかに該当するものであること。
 ア 地域団体、NPO法人、グループ等が行うまちづくり活動や事業(以下「一般型」という)。
 イ 地域団体、NPO法人、グループ等が行うまちづくり活動や事業であって、山科区民を主な対象者とするとともに、SDGs(国連サミットで採択された持続可能な開発目標)のうちいずれか一つ以上を目標とし、まちづくり活動や事業の参加者等に対してSDGsの啓発等を行うもの(以下「SDGs型」という) 。
 ウ 大学の研究成果を地域に還元する事業又は学生が地域住民と共同で地域課題の解決等を行う事業。ただし調査・学術研究を主たる目的とした事業を除く(以下「大学連携型」という)。

 ※次に掲げる事業は対象外とする。
(1)営利、政治、宗教を目的としたもの又はそれらを助長する事業
(2)調査・学術研究及び趣味的活動を行うことを主たる目的とする事業
(3)公の秩序又は善良の風俗に反する事業
(4)参加者を恣意的に制限している事業
(5)団体の構成員を募集することを主たる目的とする事業
(6)過去に同一又は類似した事業で3回交付を受けた事業
(7)令和3年度以降,新たに申請する事業
(8)京都市の他の制度による補助金を受ける事業
(9)その他区長が適当ではないと認めた事業

 ※補助金の交付対象となる事業は、各年度の4月1日から翌年3月31日までの期間に行われるものとする。

■対象団体
 山科区内で補助対象事業を主体的に実施する団体とする。なお個人は対象外とする。

■対象経費
 補助対象事業を実施するために必要な費用。

■補助金額
(1)一般型
   ・補助率:補助対象経費の2分の1以内
   ・上限額:30万円
(2)SDGs型
   ・補助率:補助対象経費の3分の2以内
   ・上限額:30万円
(3)大学連携型
   ・補助率:補助対象経費の4分の3以内
   ・上限額:30万円

■交付申請
 申請団体は、区長が定める期間内に、交付申請書および添付書類を区長に提出しなければならない。
(提出書類)
 ・山科“きずな”支援事業補助金交付申請書(第1号様式)
 ・事業計画書(別紙1-1)
 ・収支予算書(別紙1-2)
 ・定款・規約・会則又はそれに準ずるもの
 ・その他区長が必要と認めるもの

■問い合わせ先
 山科区役所地域力推進室総務・防災担当
  電話:075-592-3066 ファックス:075-502-8881
課題・資金使途 まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 30万円
助成率 2分の1以内
対象費用 まちづくり活動に係る経費

申込条件

対象者 山科区内でまちづくり活動を行う団体等
事業形態 非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 その他
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 京都府
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る