補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 介護予防に資する通いの場活動支援事業補助金(宇治市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

介護予防や生きがい・役割をもって生活できる地域を構築することを目的として、人と人とがつながりを持てる通いの場を運営する市内のボランティア団体等に対して補助金を交付します。

公募期間 2022年02月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 6万円
地域 京都府宇治市
助成率 10分の10
実施機関 宇治市
対象者 市内に活動拠点がある市民団体
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 宇治市
概要 ■補助対象団体
1.代表者と主たる構成員が宇治市民であり、その他の構成員を合わせて5名以上の宇治市民から成る団体で自主的な運営をしている。
2.市内に活動拠点があり、市内で活動を行っている、または行おうとしている。
3.政治活動、宗教活動または営利を目的とせず、構成員に暴力団員をもたず、密接な関係も有していない。

■補助対象事業
1.1回あたり2時間を目安として概ね週1回、または月4回以上の定期的かつ継続的な活動を行っている、または行おうとしている。
2.1回2時間に満たない活動の場合、活動累計時間が概ね週2時間または概ね月8時間以上の定期的かつ継続的な活動を行っている、または行おうとしていること。
3.1回あたり5名以上の宇治市民である高齢者の参加、または参加が見込まれる。
4.参加者数の半数以上が65歳以上の宇治市民である。
5.毎回の活動について、参加者数等を記録し管理している。
6.構成員以外の地域の要介護者、要支援者に相当する方の参加が可能な活動である。
7.他制度による助成金、補助金等を受けていない。

■補助対象経費
 当年度間の補助対象事業実施のために必要な立ち上げに要する経費、または活動に要する経費。
 ・報償費(講師謝礼金)
   介護予防に役立てる講座等を提供した外部講師に対する謝礼金
 ・需用費
   事業の実施に必要な消耗品費、印刷製本費、光熱水費、通信運搬費等
 ・使用料及び賃借料
   事業の実施に係る会場賃借料
 ・備品購入費
   事務用機器購入費、OA機器購入費、介護予防のための機械器具購入費
 ・保険料
   事業の実施に係る従事者等の保険料
 ・その他
   ボランティアに係る実費等市長が認める経費

■補助金額
 1年度間の活動期間が6か月以上については年額60000円、6か月未満については年額30000円を上限額とし、予算の範囲内で補助金を交付します。

■補助金の交付申請から交付までの流れ
(1) 所定の申請書と必要書類(収支予算書、団体の定款または会則等)を提出

(2) 宇治市から、交付決定または不交付決定通知書を送付

(3) 交付が決定した団体については、当年度間の事業終了後、提出期限(事業完了日を1日目として30日を経過した日か、3月31日の早い方の日)までに、所定の実績報告書と必要書類(事業報告書、収支決算書、補助事業に係る領収書等(写し可))を提出

(4) 宇治市から、補助金確定通知書を送付

(5) 請求書の提出

(6) 宇治市から補助金の振込み

 ※補助金の申請者以外の口座に振り込みを指定される場合は、委任状が必要です。
 ※概算請求(事業実施前の請求)も可能です。

■問い合わせ先
 長寿生きがい課
  〒611-8501 京都府宇治市宇治琵琶33番地
  Tel:0774-22-3141 Fax:0774-21-0406
課題・資金使途 まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 6万円
助成率 10分の10
対象費用 報償費,需用費,使用料,賃借料,備品購入費,保険料

申込条件

対象者 市内に活動拠点がある市民団体
事業形態 個人事業主、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 その他
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 京都府宇治市
訪問の必要性 必要
公募期間 2022年02月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る