補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 保育の担い手確保事業費補助金(京都市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

京都市における質の高い保育の安定的な提供を図ることを目的として、市内の民間保育園又は民間認定こども園における保育士、栄養士、調理師等の保育の担い手確保のための事業を実施する団体等に補助金を交付します。

公募期間 2018年05月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 45万円
地域 京都府京都市
助成率 10分の10
実施機関 京都市
対象者 保育士、栄養士、調理師等の保育の担い手確保のために開催される就職フェア又は面接会の主催団体
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 京都市
概要 ■補助対象事業
 補助金の交付対象となる事業は、民間保育園又は民間認定こども園における保育士(保育教諭),栄養士,調理師等の保育の担い手確保のために開催される就職フェア又は面接会とする。

■補助対象者
 補助金の交付を受けることができる者は,次の全ての条件を満たさなければならない。
(1)京都市内に所在する民間保育園又は民間認定こども園の運営者を中心に構成していること。
(2)公益活動又は特定非営利活動を行う法人格を有する全国組織の傘下にあり,京都市を中心に活動していること。
(3)公共的,公益的な観点で,京都市の教育・保育の質の向上や子育て支援の充実等に取り組んでいること。
(4)補助対象事業の開催実績があり,当該事業のノウハウを有すること。
(5)京都市から当該事業実施のために,委託料又は本要綱で定める以外の補助金の支払いを受けていないこと。

■補助対象経費
 補助対象経費は、補助対象事業に要する経費のうち次に掲げるものであって、京都市長が適当と認めるものを対象とする。
(1)報酬、賃金、報償費、旅費、需用費、役務費、委託料、使用料及び賃借料、備品購入費
(2)前号に掲げるもののほか、保育の担い手確保のために京都市長が特に必要と認める経費

■補助金額
 補助金の額は、下記に定める基準による補助上限額と補助対象経費から出展者負担額及びその他収入を控除した額とを比較して、少ない方の額を上限として予算の範囲内で京都市長が決定する。
  <出展数> <補助上限額>
   10~12    10万円
   13~17    15万円
   18~22    20万円
   23~27    25万円
   28~32    30万円
   33~37    35万円
   38~42    40万円
   43以上    45万円

■交付申請
 申請は、事業開始日までに、保育の担い手確保事業費補助金交付申請書(第1号様式)に次に掲げる書類を添えて行わなければならない。
(添付書類)
 ・事業計画書
 ・収支予算書
 ・その他京都市長が必要と認める資料

■実績報告
 実績報告は、保育の担い手確保事業費補助金実績報告書(第7号様式)に次に掲げる書類を添えて行わなければならない。
(添付書類)
 ・事業報告書
 ・収支決算書
 ・その他京都市長が必要と認める資料

■問い合わせ先
 京都市 子ども若者はぐくみ局幼保総合支援室
  電話:075-251-2390
  ファックス:075-251-2950
課題・資金使途 人を雇いたい
上限金額(助成額等) 45万円
助成率 10分の10
対象費用 報酬,賃金,報償費,旅費,需用費,役務費,委託料,使用料,賃借料,備品購入費

申込条件

対象者 保育士、栄養士、調理師等の保育の担い手確保のために開催される就職フェア又は面接会の主催団体
事業形態 非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 その他
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 京都府京都市
訪問の必要性 不要
公募期間 2018年05月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る