補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 空き店舗等対策事業支援補助金(矢板市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

空き店舗、空地、空き家を活用し、新たに開業する方を支援するため、改装または新築に要する経費の一部(補助率1/2、最大100万円)を補助します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 100万円
地域 栃木県矢板市
助成率 2分の1
実施機関 矢板市
対象者 矢板市内の中小企業者または個人事業主
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 矢板市
概要 ■補助対象となる区域
平成14年度矢板市中心市街地活性化基本計画に基づく中心市街地区域内及び隣接する範囲(区域を表す境界線が建築物上にある場合はその建設物を含み、道路・線路上にある場合は接する建築物を含む)

■交付対象者および申請要件
中小企業者または個人事業主で、次の要件をすべて満たす方
1.市税の滞納がないこと。
2.矢板市商工会の会員である、または入会見込みであること。
3.市内に店舗を所有し事業を行ったことがなく、事業対象区域内の空き店舗等を活用し、新たに店舗を設けて事業を始める者であること。
4.暴力団、暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

■補助対象事業
1.開業する目的で、空き店舗等を取得・賃貸借し、改装・新築にかかる工事等は市内事業者が行うものである
2.小売業、飲食業、サービス業で、月20日以上営業し、開業から3年以上継続しての営業が見込まれる
3.空き店舗等の所有者と(1)同一法人等に属していない、(2)同一世帯でない、(3)生計を一にする者でない(4)3親等以内の親族ではない
【対象外】
1.空き店舗等を主に事務所又は倉庫として利用する事業
2.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する風俗営業に係る事業
3.日本標準産業分類において娯楽業に分類されるもののうち、遊技場に分類される業種
4.宗教活動または政治活動を目的とする事業

■補助対象経費及び補助額等
〇補助率:店舗改装または新築費用の2分の1
〇上限:100万円
※1000円未満の端数がある場合は、切り捨て
※什器や備品など建物に付随しないものは対象外

■募集件数
2件程度(令和4年度予算200万円)
※予算に達した場合は、予告なしに募集を終了することがあります。また、2件を越えた場合は、予算残額内での補助額となり、限度額まで出せない場合がありますので、申請前にお問い合わせください。

■そのほか
まずは事前に商工観光課までご相談ください。
※申請と同一年度内に実績報告まで完了する必要があります。
※交付決定前に着工している場合は補助対象外となります。

■お問い合わせ先
商工観光課
〒329-2192 栃木県矢板市本町5番4号
代表
Tel:0287-43-6211
Fax:0287-44-3324
課題・資金使途 建物への投資を行いたい、オフィス・工場を開設したい
上限金額(助成額等) 100万円
助成率 2分の1
対象費用 改装費,新築費

申込条件

対象者 矢板市内の中小企業者または個人事業主
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 サービス業、飲食業、小売業、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 栃木県矢板市
訪問の必要性 不要 事前に商工観光課まで相談
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る