補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 中小企業ビジネスサポート補助金(多摩市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

新型コロナウイルス感染症の影響によって停滞した市内経済活動の活性化を目的に、多摩商工会議所と連携して、事業者が実施する売上増加に向けた取組及び市が指定する特定の取組に要する事業費の一部を補助するものです。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年09月30日
上限金額 100万円
地域 東京都多摩市
助成率 対象経費の10分の10(※選択事業により異なる)
実施機関 多摩市
対象者 多摩市の中小企業者
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 多摩市
概要 ■対象者
・申請時点において、市内に事業所を有する事業者であること。(個人事業主は市内に在住でも可)
・市民税の滞納がないこと(直近1年)
・中小企業基本法または中小企業信用保険法に規定する中小企業者であること、など

■対象事業
選択事業(1)~(3)のうちいずれかを選択し、売上増加(必須事業)に関する基準を達成した場合、補助金を交付します。
・必須事業
原則、令和4年(暦年)の売上高について、選択事業を実施することで、基準年(令和2年または令和3年)比で一定額以上増加すること。
・選択事業(1)「事業再構築事業」
デジタルトランスフォーメーション推進等による事業転換や事業の多角化、デリバリー対応等の業態転換への取組など、事業転換・業態転換等に該当する取組を行うこと。
・選択事業(2)「販路開拓事業」
事業転換・業態転換等以外で、付加価値の向上に関する具体的手法及び効率の向上に関する具体的手法に該当する取組など新たに販路開拓対策に該当する取組を行うこと。
・選択事業(3)-1「就労対策事業(シニア)」
新たに50歳以上の求職者を雇用(正社員)し、職場環境の整備をはじめ、人材育成等を行うこと。
・選択事業(3)-2「就労対策事業(障がい者)」
障害者雇用促進法43条第1項に規定する雇用義務数から1人以上多い障害者を雇用し、職場環境の整備をはじめ、人材育成を行うこと。

■対象経費
建物費、機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝・販売促進費、フランチャイズ加盟料、事務所等に係る家賃・仲介手数料、その他、市長が認めたもの

■補助金額
・選択事業(1)(2):補助対象経費に対して上限100万円(下限30万円)
・選択事業(3):一律100万円
課題・資金使途 突発的な事象による一時的経営悪化に対応したい、新しく顧客・販路を拡大したい、人を雇いたい、社員教育を行いたい、ITツール・テレワークの導入・DX化を行いたい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい
上限金額(助成額等) 100万円
助成率 対象経費の10分の10(※選択事業により異なる)
対象費用 建物費,機械装置・システム構築費,技術導入費,専門家経費,運搬費,クラウドサービス利用費,外注費,知的財産権等関連経費,広告宣伝・販売促進費,フランチャイズ加盟料,事務所等に係る家賃・仲介手数料,その他、市長が認めたもの

申込条件

対象者 多摩市の中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 東京都多摩市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年09月30日
必須支援機関 多摩商工会議所,市内認定支援機関等
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る