補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 テレワーク導入補助金(瀬戸市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

瀬戸市地域産業振興会議では、働き方改革、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、テレワークに対応した就業規則等を新たに作成または変更し、端末・機器を購入する費用の一部に対し、補助金を交付します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
上限金額 20万円
地域 愛知県瀬戸市
助成率 2分の1
実施機関 瀬戸市
対象者 瀬戸市内に事業所を有し、かつ市内で事業を営んでいる中小企業者
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 瀬戸市
概要 ■補助対象事業者
下記のすべてを満たす中小企業者(中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者をいう。ただし、商工会及び商工会議所における小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)に規定する小規模事業者を除く。)が補助対象事業者となり得ます。
1.市内に事業所を有し、かつ市内で事業を営んでいる中小企業者
2.交付申請時点においてテレワークを導入していない(テレワークに対応した就業規則等が作成されていない)。
3.交付申請時点において6か月以上継続して雇用している期間の定めのない常時雇用する労働者?(代表者と同居する者を除く)が2名以上いること。※正社員に限ります。
4.補助対象者及びその代表者は、納期の到来した市税を完納していること。
5.瀬戸市暴力団排除条例(平成23年瀬戸市条例第12号)第2条第1号に規定する暴力団若しくは同条第2号に規定する暴力団員(以下「暴力団等」という。)でないこと。
6.暴力団等と密接な関係を有するものでないこと。

■補助対象事業
下記のすべて満たす事業が補助対象となり得ます。
1.補助対象者が、テレワークの導入を目的に、就業規則等の作成・変更を行うこと
2.テレワーク用通信機器の導入・運用等を行うこと
3.国、県、その他の機関から同様の趣旨の補助金等の交付を受けていないこと
※令和5年2月28日までに事業完了(納品、支払い完了)する事業が補助対象です。

■補助対象経費
1.委託料
就業規則等の規定の作成又は変更等に係る社会保険労務士への相談及び申請代行委託に要する経費(顧問料を除く。)、テレワーク導入に係る労務管理担当者や労働者に対する研修に要する経費
2.機器購入費
端末等(パソコン、タブレット、VPNルータ、NAS)、付属機器(WEBカメラ、ヘッドセット、OSソフト、オフィスソフト、セキュリティソフト)
3.システム等導入費
WEB会議システム、勤怠管理システム 等

■補助率・補助上限額
〇補助率:補助対象経費の1/2
〇上限額:20万円
※補助対象経費区分ごとに上限が異なります。
〇補助金の額
区分:補助上限額
1.委託料:10万円
2.機器購入費
(1)端末:10万円/台
(2)付属機器:5万円/人
こただし、機器は就業規則等において定められたテレワーク実施場所で使用するものに限り、労働者1人につき各1台までとする。
3.システム等導入費:10万円

■申請受付期間
令和5年1月31日まで(予算額に達し次第募集を締め切ります。)
※事業実施前に交付申請が必要です。交付決定前に購入された機器等は補助対象外です。
課題・資金使途 突発的な事象による一時的経営悪化に対応したい、ITツール・テレワークの導入・DX化を行いたい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい
上限金額(助成額等) 20万円
助成率 2分の1
対象費用 委託料,機器購入費,システム等導入費

申込条件

対象者 瀬戸市内に事業所を有し、かつ市内で事業を営んでいる中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 愛知県瀬戸市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る