補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 中小企業者総合支援補助金(田原市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

田原市内の産業の振興、地域経済の活性化を図るため、中小企業者を総合的に支援し、創業の促進、産業の裾野拡大、空き店舗解消、事業承継に繋げることを目的とした補助金です。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 100万円
地域 愛知県田原市
助成率 2分の1
実施機関 田原市
対象者 田原市内の中小企業者
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 田原市
概要 ■補助対象事業
1.創業支援事業
2.出店促進支援事業
3.6次産業化等促進支援事業
4.事業承継支援事業
5.温泉設備整備支援

■補助対象者
〇補助金の交付を受けることができる者は、補助対象事業の区分に応じ、次のいずれにも該当するものとする。
(1)市税を滞納していないこと。
(2)宗教活動や政治活動を目的としていないこと。
(3)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団及び暴力団員並びにこれらに関連する団体及びその構成員でないこと。
(4)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する性風俗関連特殊営業を行う者でないこと。
(5)次条に規定する補助対象経費について、補助金その他の市が実施する支援を受けていないこと又は受ける予定がないこと。
(6)その他市長が不適当と認める者でないこと。

■補助対象経費
1.創業支援事業:備品購入費(リース品及び汎用性が高く、使用目的が本補助事業の遂行に必要なものと特定できないものを除く。)
2.出店促進支援事業
・空き店舗のうち営業部分に係る改装等経費
・内装工事費(内壁、天井、床、内部建具、造作等の工事)
・外装工事費(外壁、屋根、格子、外部建具等の工事)設備工事費(店舗等の利便性を高めるための給排水設備、衛生設備又は電気設備等の設置及び整備工事)
3.6次産業化等促進支援事業
・原材料費(自分で生産していない原材料で試作に必要なもの)〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・消耗品費〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・機械装置等借上費〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・専門家謝金・旅費〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・開発費(パッケージデザイン料、加工委託費、実験費等)〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・知的財産権取得に要する経費〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・その他事業に必要であると市長が認める経費〈新商品開発(販路開拓含む)〉
・ホームページ作成費(販路開拓としてホームページから消費者が商品を購入できるようにすること。)〈販路開拓〉
・展示会出展費等(出展料、展示用什器費等)〈販路開拓〉
※試作品を有料で販売する出展は対象としない。
・その他事業に必要であると市長が認める経費〈販路開拓〉
4.事業承継支援事業
事業承継に要する経費(初期診断料、課題分析費用、事業承継計画の作成費用、譲渡価格の算定費用、企業概要書の作成費用、M&A計画の策定費用、マッチングの登録手数料等)
5.温泉設備整備支援
整備費(温泉を利用するために必要な貯湯槽、熱交換器等の整備費。ただし、備品に関しては1品当たりの購入単価が10万円以上のものに限る。)
※1 補助対象経費に係る消費税及び地方消費税は、補助金の対象としない。
※2 事業に直接必要な経費として明確に区分できるもので、交付の決定以降に、発注、購入、契約等を行い、当該年度内に事業が完了し、かつ領収書などの証拠書類によって補助事業に使った金額が確認できる経費を対象とする。
※3 借入に伴う支払利息、公租公課、不動産購入費、飲食及び接待費、税務申告及び決算書の作成のため税理士等に支払う費用、補助目的以外の通常の問料、成功報酬、振込手数料その他公的資金の使途として社会通念上不適切と認められる費用は対象外とする。
※4 専門家旅費についての交通手段は、原則、公共交通機関を利用することとし、旅費の積算については、田原市職員の旅費に関する条例を準用する。また、グリーン車、ビジネスクラス等の特別に付加された料金及びタクシー代は対象外とする。なお、実績報告書には、旅行の日時、目的、行き先、旅行者、料金、内容を記載した報告書を添付すること。

■補助内容
〇補助率:2分の1
〇限度額
1.創業支援事業:50万円(1品当たりの購入単価が10万円以上)
2.出店促進支援事業:50万円
3.6次産業化等促進支援事業:新商品開発(販路開拓含む)50万円(10万円)、販路開拓20万円(5万円)
4.事業承継支援事業:50万円(10万円)
5.温泉設備整備支援:100万円
※1 補助対象経費に係る消費税及び地方消費税は、補助金の対象としない。
※2 事業に直接必要な経費として明確に区分できるもので、交付の決定以降に、発注、購入、契約等を行い、当該年度内に事業が完了し、かつ領収書などの証拠書類によって補助事業に使った金額が確認できる経費を対象とする。
※3 借入に伴う支払利息、公租公課、不動産購入費、飲食及び接待費、税務申告及び決算書の作成のため税理士等に支払う費用、補助目的以外の通常の顧問料、成功報酬、振込手数料その他公的資金の使途として社会通念上不適切と認められる費用は対象外とする。
※4 専門家旅費についての交通手段は、原則、公共交通機関を利用することとし、旅費の積算については、田原市職員の旅費に関する条例を準用する。また、グリーン車、ビジネスクラス等の特別に付加された料金及びタクシー代は対象外とする。なお、実績報告書には、旅行の日時、目的、行き先、旅行者、料金、内容を記載した報告書を添付すること。
課題・資金使途 オフィス・工場を開設したい、新規事業を行いたい、事業承継を行いたい、研究開発を行いたい
上限金額(助成額等) 100万円
助成率 2分の1
対象費用 備品購入費,備品購入費,開発費,専門家謝金,原材料費

申込条件

対象者 田原市内の中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 愛知県田原市
訪問の必要性 必要 持参
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る