補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 創業支援事業費補助金(蒲郡市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

蒲郡市内における創業を促進し、地域経済の更なる活性化を図るため、市内で創業して間もない方・創業をお考えの方に対して、創業・創業直後にかかる費用の一部を補助する創業支援制度です。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
上限金額 50万円
地域 愛知県蒲郡市
助成率 2分の1以内
実施機関 蒲郡市
対象者 蒲郡市創業者及び創業希望者
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 蒲郡市
概要 ■補助対象者
〇下記の(1)から(4)までの条件を全て満たす創業者(※1)及び創業希望者(※2)を補助対象者とします。
(1)市内に主たる事業所または本店を有すること。(予定でも可)
(2)市税の納税義務者であること。(予定でも可)
(3)市税を滞納していないこと。
(4)過去に本補助金の交付を受けていないこと。
※1 「創業者」とは、創業して5年以内の個人事業主及び会社(※3)を指します。
※2 「創業希望者」とは、当該年度の2月末日までに創業する意思がある個人を指します。
※3 「会社」とは、会社法(平成17年法律第86号)第2条第1号に定める会社(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社)を指します。

■補助対象事業
創業者または創業希望者が、創業及び創業後の営業に必要となる登記、設備等の購入、物件の賃借及び改装、広報その他の行為を行う事業を補助対象事業とします。

■補助対象経費
〇補助対象期間内に納品・支払いを完了した経費(消費税及び地方消費税額を除く。)が補助対象となります。補助対象となる経費の例は下記のとおりです。
(1)官公庁への申請書類の作成及び提出に係る経費
・登録免許税・定款用の収入印紙代
・定款の認証手数料・定款の謄本手数料
・司法書士等への委託報酬
(2)店舗・事務所に設置する備品購入費
※リース品や、単価3万円未満のものは除きます。
・パソコン・複合機
・防犯カメラ・耐火金庫
・業種固有の設備
(3)店舗・事務所の内装工事費
・内装デザイン、設計費
・内装の仮設、撤去、造作、家具、建具、仕上げ等にかかる工事費
(4)店舗・事務所の外装工事費
・外装デザイン、設計費・外壁塗装、修繕
・看板設置・照明、フェンス等の設置
・門、通路、植栽、敷地内等の整備
(5)店舗・事務所の設備工事費
・設備設計費・電気工事
・ガス工事・給排水工事
・空調工事・排気工事
(6)広報費、広告宣伝費
・折り込み広告・雑誌等誌面への広告
・Web広告・ホームページ作成
(7)店舗・事務所の土地・建物にかかる初期費用
※契約時以降にかかる分割払いの費用や、契約満了時に返還される費用(敷金等)は除きます。
・物件購入時の初期費用(購入代金のうち初回に支払う部分、不動産仲介手数料、登録免許税、司法書士報酬、測量費など)
・物件賃借時の初期費用(前家賃、礼金、不動産仲介手数料、火災保険料など)

■補助率・補助上限額
・補助率:補助対象経費の2分の1以内(千円未満切捨)
・補助上限額:補助上限額は20万円です。ただし、蒲郡市創業支援等事業計画に基づく特定創業支援等事業(がまごおり創業支援ネットワーク)の支援を受けた方は、補助上限が50万円となります。

■交付申請手続
(1)申請受付期間
令和4年4月1日(金)から令和5年1月31日(火)まで
※受付は土日祝日を除く、午前8時30分から午後5時15分まで
※申請された補助金の額が予算額を超えた場合は、上記期間内であっても申請の受付を終了します。
課題・資金使途 新規事業を行いたい
上限金額(助成額等) 50万円
助成率 2分の1以内
対象費用 備品購入費,工事費,広告宣伝費,初期費用,申請書類の作成及び提出に係る経費

申込条件

対象者 蒲郡市創業者及び創業希望者
事業形態 法人(株式会社・合同会社など)、創業前
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目
地域 愛知県蒲郡市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年01月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る