補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
融資 経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)

売上が減少するなど業況が悪化している方に利用いただける融資制度です。

借入可能額 4,800万円
金利 2.06% ~ 2.55%
最長借入期間 15年
審査回答期間 3週間程度
実施機関 日本政策金融公庫(国民生活事業)
全国対応 なし
担保 場合によって必要
代表者連帯保証 場合によって必要
対象者 最近の決算期における売上高が前期または前々期に比し5%以上減少している方や最近3ヵ月の売上高が前年同期または前々年同期に比し5%以上減少しており、かつ、今後も売上減少が見込まれる方など

特徴

実施機関名 日本政策金融公庫(国民生活事業)
概要 社会的、経済的環境の変化等外的要因により、一時的に売上の減少等業況悪化をきたしているが、中長期的にはその業況が回復し発展することが見込まれる方を対象とした融資制度です。社会的要因等により企業維持上緊急に必要な設備資金及び経営基盤の強化を図るために必要な運転資金を対象としています。
課題・資金使途 突発的な事象による一時的経営悪化に対応したい、事業再生を行いたい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい、その他

申込条件

対象者 最近の決算期における売上高が前期または前々期に比し5%以上減少している方や最近3ヵ月の売上高が前年同期または前々年同期に比し5%以上減少しており、かつ、今後も売上減少が見込まれる方など
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
対象事業規模 中小企業基本法の制限内においては、特に事業規模制限はありませんが、「国民生活事業」の各種融資制度の融資限度額では充足できない場合は、「中小企業事業」の窓口に相談してください。
業種分類 情報通信業(IT)、サービス業、製造業、飲食業、小売業、卸売業、建設業、運輸業、医療、介護、金融・保険業、不動産業、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業、その他 金融業など一部利用できない業種もありますので、必ず窓口に確認してください。
地域 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
訪問の必要性 場合によって必要
担保必要性 場合によって必要
代表者連帯保証の必要性 場合によって必要
保証人の必要性 場合によって必要
必要書類 最近2期分の確定申告書・決算書(個人は確定申告書)、試算表、見積書(設備資金)など。初取引の場合は、法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本、身分証明、許認可書、企業概要書など

借入条件

審査回答期間 3週間程度 初めての取引の場合や繁忙期などにおいては、審査に時間がかかる場合もあります。
借入形態 証書貸付
借入可能額(融資限度額) 4,800万円
借入期間 ~ 15年 運転資金:8年以内<うち据置期間3年以内>、設備資金:15年以内
<うち据置期間3年以内>となります。
団体信用生命保険 加入は任意です。加入の有無が融資審査に影響することはありません。
団体信用生命保険料 例)「融資金額100万円、元金均等返済、5年払い」場合、1年目2,510円、2年目1,960円、3年目1,410円、4年目850円、5年目300円、合計7,030円(令和3年11月現在)
印紙代 融資額に応じて負担します。

金利条件

金利(年率) 2.06% ~ 2.55% 「令和4年1月4日」現在の「担保不要」の場合の「基準金利」の条件です。また、返済期間または担保の有無によって異なる利率が適用されます。
金利体系 固定金利

返済方法

返済方式 元金均等返済、元利均等返済、ステップ返済など
返済方法 口座振替
返済日 5日、10日、15日、20日、25日、末日
繰上返済手数料 / 臨時返済手数料 原則不要(繰り上げ返済する場合は必ず事前に窓口に相談してください。)

その他

遅延損害金 年8.80%(令和3年4月1日から令和4年3月31日までの貸付け)
備考
資金使途については状況により判断が異なる場合がありますので、正確な判断については日本公庫に必ずご相談ください
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る