補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
助成金 中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用者の雇用管理制度を整備し、中途採用の拡大を図った場合に助成します。また、一定期間後に生産性が向上した場合には追加の助成があります。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 105万円
地域 全国
助成率 定額支給
実施機関 厚生労働省
対象者 全ての業種の事業主
2022/04/27 更新

特徴

実施機関名 厚生労働省
概要 ■主な受給要件
〇中途採用拡大助成
受給するためには、1の対象労働者を雇い入れるとともに、2、3の全ての措置をとることが必要です。
1.支給対象者 
 次の(1)~(5)のいずれにも該当する方
 (1)申請事業主に、中途採用により雇い入れられた方
 (2)雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者として雇い入れられた方
 (3)期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除きます)として雇い入れられた方
 (4)雇入れ日の前日から起算してその日以前1年間において、雇用関係、出向、派遣又は請負により申請事業主の事業所において就労したことがない方
 (5)雇入れ日の前日から起算してその日以前1年間において、申請事業主との関係が資本的・経済的・組織的関連性等からみて独立性を認められない事業主に雇用されていた方でないこと

2.次の(1) 、(2)にかかる中途採用計画を作成し、管轄の労働局に届け出ること
 (1)中途採用者の雇用管理制度(募集・採用を除く、労働時間・休日、雇用契約期間、評価・処遇制度、福利厚生など)の整備
 (2)中途採用の拡大に取り組む期間(中途採用計画期間)(※)内の中途採用の拡大
 (※)中途採用率の拡大を図る場合は1年間、45歳以上の方の初採用に取り組むまたは情報公表・中途採用者数の拡大の場合は1年以下で申請事業主が定める期間

3.中途採用計画期間に、次の(1)、(2)または(3)の中途採用の拡大を図ること
 (1)中途採用計画期間より前の中途採用率が 60 %未満の事業所が、中途採用計画期間内に支給対象者を2人以上雇い入れ、中途採用率を中途採用計画期間前と比較して 20 ポイント以上向上させること。
 (2)中途採用計画期間より前に45歳以上の方を中途採用したことがない事業所が、中途採用計画期間内に45歳以上の方を初めて中途採用したこと。 
 (3)中途採用計画期間中、中途採用に係る定量及び定性情報を公表した事業所が中途採用計画期間内に支給対象者を10人以上(中小企業事業主は2人以上)雇い入れ、中途採用計画期間前と比較して上回っていること。

○生産性向上助成
中途採用拡大助成の支給を受けた事業主が以下の要件を満たした場合に受給することができます。

・生産性を向上させること
 「中途採用拡大助成」 2 で作成した中途採用計画の計画期間初日が属する会計年度の前年度とその3年度後の生産性を比較し、3年度後の生産性が6%以上向上していること。

■助成額
事業主が講じた措置ごとに、1事業所当たり以下の額を助成します。
〇中途採用率の拡大
20ポイント以上向上させた場合  50万円
40ポイント以上向上させた場合 70万円
うちこれまで中途採用を行ったことがない場合 上記に加えて10万円

〇45歳以上の方の初採用
60万円または70万円(60歳以上の方を初採用した場合に70万円を支給)

〇情報公表+中途採用者数の拡大
30万円(対象者が1年定着した場合は更に20万円)
課題・資金使途 運転資金の増加に対応したい、人を雇いたい
上限金額(助成額等) 105万円
助成率 定額支給
対象費用 指定なし

申込条件

対象者 全ての業種の事業主
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 全国
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る