補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
給付金 障害者安定雇用奨励金(東京都)

障害を持つ方が希望とやりがいを持って、いきいきと活躍できる社会の実現を目指しています。安定的な雇用と処遇改善に取組む企業を応援し、奨励金を支給します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 100万円
地域 東京都
助成率 定額支給
実施機関 東京都
対象者 東京都内の企業
2022/04/14 更新

特徴

実施機関名 東京都
概要 ■対象者
・東京都で対象となる労働者を採用・転換した企業
<要件>
(1)雇入れの場合:障害者等を正規雇用や無期雇用で採用した場合
1.一週間の所定労働時間が20時間以上の無期雇用労働者として雇入れていること

2.中小企業:雇入れた労働者に支払われる賃金が、雇入れ後も継続して常に最低賃金を3%以上上回る額であること
 大企業(特例子会社): 雇入れた労働者に支払われる賃金が、雇入れ後も継続して常に最低賃金を5%以上上回る額であること

3.雇入れた労働者に適用される次のいずれか二つ以上の制度を設けていること
・昇給制度 
・賞与制度 
・通院有給休暇または病気有給休暇制度 
・テレワーク制度
・フレックスタイム制度 
・通勤緩和制度 
・時間単位での年次有給休暇制度 
・永年勤続表彰制度

4.雇入れ後6か月間の評価を行い、今後の育成方針を策定すること

5.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コースまたは発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)について東京労働局長の支給決定通知を受けていること

(2)転換の場合:障害者等を有期雇用から正規雇用や無期雇用に転換した場合
1.有期雇用労働者を無期雇用(一週間の所定労働時間20時間以上)に転換していること

2.中小企業:転換後の賃金が、転換前の賃金より3%以上昇給していること又は最低賃金を6%以上上回っていること及び転換後も継続して常に最低賃金を3%以上上回る額であること
 大企業(特例子会社):転換後の賃金が、転換前の賃金より5%以上昇給していること又は最低賃金を10%以上上回っていること及び転換後も継続して常に最低賃金を5%以上上回る額であること

3.転換した労働者に適用される次のいずれか二つ以上の制度を設けていること
・昇給制度 
・賞与制度 
・通院有給休暇または病気有給休暇制度 
・テレワーク制度
・フレックスタイム制度 
・通勤緩和制度 
・時間単位での年次有給休暇制度 
・永年勤続表彰制度

4.転換後6か月間の評価を行い、今後の育成方針を策定すること

5.特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース、発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)
またはトライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)について東京労働局長の支給決定通知を受けていること

6.転換の日の前日から、支給対象企業に雇用される期間が過去3年以内の有期契約労働者であって、転換日から6か月以上の期間継続して雇用されている労働者であること

■支給内容
〇対象経費
・指定なし

〇支給金額
企業規模等に応じ、対象となる労働者一人当たり、以下に定める金額を事業主へ支給
※一事業主あたりの支給人数の上限はありません
1.中小企業事業主
・雇入奨励金
 精神障害者:180万円、精神障害者以外:150万円

・転換奨励金
 精神障害者:150万円、精神障害者以外:120万円

2.大企業事業主
・雇入奨励金
 精神障害者:130万円、精神障害者以外:100万円

・転換奨励金
 精神障害者:130万円、精神障害者以外:100万円
課題・資金使途 人を雇いたい
上限金額(助成額等) 100万円 金額は仮のものです
助成率 定額支給
対象費用 指定なし

申込条件

対象者 東京都内の企業
事業形態 法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 東京都
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る