補助金・助成金・融資等を一括検索

詳細検索

地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
公募期限が迫っています
給付金 消防団員雇用貢献企業報奨金(岐阜県)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

この制度は、「過疎地域における消防団員の加入促進を図るため、過疎地域の消防団員の確保に貢献した事業者に対し報奨金を交付する」ことを目的としています。

公募期間 2024年05月01日 ~ 2024年07月31日
上限金額
地域 岐阜県
助成率 定額支給
実施機関 岐阜県
対象者 岐阜県内の法人又は個人
2024/06/14 更新

特徴

実施機関名 岐阜県
概要 ■対象となる法人等
知事の認定を受けた法人(※)又は個人
※法人にあっては、基準日(申請年度の4月1日)における資本金の額若しくは出資金の額が1億円以下のもの又は資本若しくは出資を有しないもの(保険業法に規定する相互会社を除く。)であること。

■認定要件
報奨金の認定を受けるためには、次の(1)から(4)までの認定要件を、基準日(申請年度の4月1日)において、すべて満たす必要があります。
(1)県内に事業所等を有し、かつ、その事業所等の全てが「消防団協力事業所表示制度」による消防団協力事業所として市町村長から表示証の交付を受けていること。
(2)申請年度の前年度の4月2日以降、県内の「過疎地域の消防団員」を被雇用者等として新たに確保していること。
〇県内の「過疎地域の消防団員」とは、次の者をいいます。
(1)市町村全体が過疎地域に指定されている場合、全ての消防団員。
(2)市町村の一部が過疎地域に指定されている場合、その過疎地域を管轄する地域で活動している消防団員(過疎地域の一部を活動区域とする者を含む)。
(3)消防団活動に配慮した規定(就業規則等)を整備していること。
(4)事業税の課税業種であること。

■報奨金の内容
(1)と(2)の合計
(1)新たに確保した消防団員※1人につき5万円
(2)在籍消防団員※が純増している場合は、純増者1人につき5万円を加算
※消防団員は過疎地域の消防団員に限る

■申請時期
5月1日から7月31日まで
課題・資金使途 防災・セキュリティ対策を強化したい、まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) ※1人につき5万円
助成率 定額支給
対象費用 指定なし

申込条件

対象者 岐阜県内の法人又は個人
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 岐阜県
訪問の必要性 場合によって必要
公募期間 2024年05月01日 ~ 2024年07月31日

登録しました

解除しました