補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 創業者応援事業補助金(大分市)

大分市では、産業振興および経済の活性化ならびに雇用の創出を図るため、市内に新たな事業所を開設する創業者に対して、創業時に必要な初期費用を補助します。

公募期間 2022年04月15日 ~ 2022年12月13日
上限金額 200万円
地域 大分県大分市
助成率 2分の1(女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
実施機関 大分市
対象者 大分市内の中小企業者
2022/04/27 更新

特徴

実施機関名 大分市
概要 ■対象者
次の(1)から(5)までをすべて満たす方を補助対象者とします。
(1)創業予定者または創業後5年未満の創業者で、次のいずれかに該当する者であること。
・個人事業主として大分市内に主たる事業所を置き、大分市内に住所を有する者(予定含む)
・大分市内に本店を置く会社を設立する予定の個人
・大分市内に本店を置く法人(予定含む)
(2)中小企業者であること(予定含む)。
(3)補助事業の完了までに、大分市創業支援等事業計画に記載されている「特定創業支援等事業」を受け、大分市から証明書の交付を受けていること。
(4)大分市に税の滞納がないこと。
(5)過去に本補助金または市から同様の趣旨の補助金等の交付を受けていないこと。

■対象事業
補助対象者が創業または創業後の事業規模拡大を行う事業で、事業活動を行うための新たな事業所の開設(開設場所が大分市内で、賃貸借契約を締結したものに限る。)を伴うものを補助対象事業とします。なお、仮設等の恒常的な設置ではない事業所や住居兼用になっている事業所は対象外とします。
※事業規模拡大とは、次のいずれかに該当する場合をいいます。
・自宅以外の場所において事業を行う場合
・従業員の増加が見込まれる場合
・売上の増加が見込まれる場合
※公的機関のインキュベーション施設等の入居期間に制限がある事業所については、恒常的な設置ではないため、補助の対象とはなりません。

■補助内容
〇事業所賃借料
申請日の6ヵ月前の日から3ヵ月後の日までに契約した事業所の賃貸借契約上の月額賃料(敷金、礼金、駐車場費、光熱水費、共益費等を除く)
補助率:2分の1以内(※女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
上限額:月額5万円(通算60万円)
〇事業所改修費用
新たに開設する事業所の外装・内装・設備(備品を除く)に係る工事費用
補助率:2分の1以内(※女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
上限額:100万円
〇法人登記等に係る経費
(1)法人設立に係る定款認証手数料および登録免許税
(2)商号登記に係る登録免許税
(3)開業や法人設立に伴う司法書士、行政書士等に支払う申請資料作成経費
補助率:2分の1以内(※女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
上限額:5万円
〇販売促進に係る経費
(1)広告宣伝費
(2)パンフレット作製費
(3)ホームページ製作費
補助率:2分の1以内(※女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
上限額:35万円
課題・資金使途 新規事業を行いたい
上限金額(助成額等) 200万円
助成率 2分の1(女性・若者・シニアの方は3分の2以内)
対象費用 事業所賃借料、事業所改修費用、法人登記等に係る経費、販売促進に係る経費、広告宣伝費、パンフレット作製費、ホームページ製作費

申込条件

対象者 大分市内の中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)、創業前
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 大分県大分市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月15日 ~ 2022年12月13日 予算の上限に達し次第、受付を終了します。
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る