補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 共同研究支援補助金(苫小牧市)

苫小牧市内の中小企業が新技術・新製品の開発や製造工程の改善等を目的として、研究機関等と共同で取り組む研究に対し、補助金を交付することで地域産業及び産学連携の活性化を図ることを目的とします。

公募期間 2022年04月22日 ~ 2022年06月30日
上限金額 50万円
地域 北海道苫小牧市
助成率 3分の2以内
実施機関 苫小牧市
対象者 苫小牧市内に事業所がある中小企業
2022/06/16 更新

特徴

実施機関名 苫小牧市
概要 ■対象者
以下のすべての要件を満たす中小企業者

1.本市に事業所又は事務所を有し、本市の市税(苫小牧市税条例(昭和25年条例第24号)第3条に定める普通税のうち市民税(法人の場合は法人市民税、個人事業主の場合は市民・道民税)及び固定資産税)の滞納がないこと。
2.事業主又は会社法(平成17年法律第86号)に規定する役員が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団員でないこと。
3.労働基準法(昭和22年法律第49号)、雇用保険法(昭和49年法律第116号)、健康保険法(大正11年法律第70号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第105号)等の労働関係法令を遵守している事業主であること。
4.風俗営業等の規制及び業務適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業以外に従事させる事業主であること。


■補助金
最大50万円(補助率2/3以内)
※今年度から補助率を引き上げました。

■補助対象事業
補助対象事業は、中小企業者が研究機関と共同研究を行う次の各号に該当する事業とし、令和5年3月31日までに事業完了報告を提出できる共同研究であること。
ただし、飲食店の新メニューの開発は、対象外とする。

1.新製品、新サービス及び新技術の開発事業
2.製造工程の合理化・効率化又は製品の高付加価値化に関する研究開発
3.新素材、新技術の試験及び調査研究事業
4.その他本市工業の振興に寄与すると市長が認める研究開発

〇研究機関等とは
・苫小牧市テクノセンター
・苫小牧工業高等専門学校
・室蘭工業大学
などの大学、工業高等専門学校及び公設試験研究機関
※上記の研究機関等と共同研究を行うことが分かる書類(共同研究の申込書や契約書等)の提出が必要となります。

■補助対象経費
補助対象経費は、補助対象事業に必要とする次に掲げる直接経費とする。
※消費税相当額を除く。
※人件費は対象外。
※補助対象が1万円を超える費目については見積書を提出してください。

1.原材料・副材料費
2.治具・工具費
3.使用料
4.消耗品費(ただし、補助額の15%を上限)
5.委託費
6.旅費(ただし、補助額の10%を上限)
7.その他市長が認める経費

■注意事項
※必ず交付決定を受けた後に補助事業を開始してください。交付決定前に契約・導入され発生した経費は補助対象となりません。
※補助事業の実施中において、共同研究の履行が確認できるよう、写真等の記録や領収書等を保管・整理してください。
※実績報告書の提出は支払ったことがわかる書類(領収書等)を添付の上、研究内容や結果をグラフや写真等を用いてわかりやすく報告してください。
課題・資金使途 研究開発を行いたい、外部企業や研究機関、学校と連携して事業を行いたい
上限金額(助成額等) 50万円
助成率 3分の2以内
対象費用 原材料・副材料費,治具・工具費,使用料,消耗品費(補助額の15%まで),委託費,旅費(補助額の10%まで),

申込条件

対象者 苫小牧市内に事業所がある中小企業
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 北海道苫小牧市
訪問の必要性 場合によって必要 申請書を持参する場合
公募期間 2022年04月22日 ~ 2022年06月30日
必須支援機関 産業経済部企業政策室工業・雇用振興課
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る