補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
助成金 ものづくり企業地域共生推進助成金(足立区)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

区内で近隣住民等への配慮や地域との共生を目的として、操業環境の改善(工場の改修、足立区内への移転、設備の更新・導入)や住民に受け入れてもらうための環境整備の取組みに対して助成することで、地域の持続的な産業振興を支援します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年11月15日
上限金額 375万円
地域 東京都足立区
助成率 対象経費の4分の3
実施機関 足立区
対象者 足立区の中小製造業者
2022/06/16 更新

特徴

実施機関名 足立区
概要 ■対象者
次のいずれかに該当するものづくり企業等とします。
・法人にあっては、次の1および2に該当する都内中小企業者等であること。
1.区内に本社又は事業所の登記があり、区内において1年以上操業する者、または区外において1年以上操業し、現に区内へ移転しようとする者であること。
2.法人住民税、法人事業税および固定資産税を滞納していないこと。
・個人にあっては、次の1および2に該当する都内中小企業者等であること。
1.区内において開業しており、1年以上操業する者、または区外において1年以上操業し、現に区内へ移転しようとする者であること。
2.個人住民税、個人事業税および固定資産税を滞納していないこと。

■対象事業
近隣住民等への配慮を前提とした、防音・防臭・防振など操業環境の改善につながる事業と地域との調和・共生を目的とした住民受入環境整備事業

■助成内容
〇助成対象経費
(1)工場の改修事業
1.区内の現工場を改修するために必要な以下の経費
ア 現工場の改修に係る費用(施工費等)
イ 建物付帯設備の整備費用(購入費・施工費等)
(ただし、新築工場及び既存工場の増築部分に係るものを含まない。)
2.区内の移転先工場の改修を行うために必要な以下の経費
ア 移転先工場の改修に係る費用(施工費等)
イ 移転先工場に係る建物付帯設備の整備費用(購入費・施工費等)
(ただし、新築工場及び移転先工場の増築部分に係るものを含まない。)
(2)工場の移転事業 (一部移転を含む)
1.区内への工場移転に必要な以下の経費
ア 機械等設備の輸送に係る費用(運搬費・保険費等)
イ 機械等設備の設置に係る費用(分解・組立・校正費等)
2.区内の現工場の改修、増築、又は建替(現工場を取り壊した後、同土地上で行う工場の新築)に伴う一時移転に必要な以下の経費
ア 改修等施工期間中の一時移転に係る都内貸工場の賃借費
イ 一時移転に伴う機械等設備の輸送に係る費用(運搬費・保険費等)
ウ 一時移転に伴う機械等設備の設置に係る費用(分解・組立・校正費等)
(3)設備更新・導入事業
1.区内の現工場にある生産に要する設備等の更新に必要な以下の経費
ア 機械等設備の更新に係る費用(購入費・施工費等)
イ 機械等設備の設置に係る費用(分解・撤去費等)
2.区内の現工場にある生産に要する設備に取り付ける装置又は工場の敷地内に新たに設置する設備に必要な経費
ア 機械の導入に係る経費(購入費・施工費等)
(4)住民受入環境整備事業
住民受入環境の整備に係る費用(購入費・設計費、施工費、撤去費等)
※撤去費を含む場合は、マニフェスト(産業廃棄物管理票)が完備されていることが必要となります

〇助成金額
最大375万円(対象経費の4分の3)
課題・資金使途 建物への投資を行いたい、オフィス・工場を開設したい、環境問題への対応・省エネ対策をしたい
上限金額(助成額等) 375万円
助成率 対象経費の4分の3
対象費用 工場の改修事業,工場の移転事業,設備更新・導入事業,住民受入環境整備事業

申込条件

対象者 足立区の中小製造業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 製造業
継続年数 創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 東京都足立区
訪問の必要性 必要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年11月15日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る