補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
助成金 産学公連携研究開発支援事業助成金(板橋区)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

板橋区内のものづくり企業が大学や公的研究機関などと共同で行う、製品開発や委託研究などの経費の一部を助成するものです。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 150万円
地域 東京都板橋区
助成率 対象経費の3分の2以内
実施機関 公益財団法人板橋区産業振興公社
対象者 板橋区の中小製造業者、グループ
2022/06/16 更新

特徴

実施機関名 公益財団法人板橋区産業振興公社
概要 ■対象者
(1)板橋区内で製造業を営み、以下の1~3のいずれかの要件を満たす方
1.区内に本社又は事業所を持つ中小企業者(法人)
2.区内在住の個人事業者
3.3分の2以上が区内の中小企業者又は個人事業者で構成されている中小企業グループ。なお、グループが2者で構成されている場合は、双方が区内の中小企業者又は個人事業者であること。
※【中小企業者】とは中小企業基本法第2条第1項に規定する、従業員300人以下又は資本金3億円以下の製造業者
(2)その他の要件
1.前年度の法人事業税及び法人都民税の納税証明書が入手できること。個人事業者で事業税が非課税の場合は、住民税の納税証明書を入手できること。グループで申請する場合は、そのグループの構成員すべての納税証明書が入手できること。
2.法人事業税及び法人都民税等を滞納していないこと。個人事業者で事業税が非課税の場合は、住民税等を滞納していないこと。グループで申請する場合は、そのグループの構成員すべてが法人事業税及び法人都民税、又は住民税等の滞納をしていないこと。
3.同一テーマ・同一内容で、板橋区・国・都道府県・区市町村・(公財)東京都中小企業振興公社等から助成を受けていないこと。
4.同一年度内に、本助成金の交付(支払)を受けていないこと。
5.大企業が実質的に経営に参画していないこと。
ア)大企業が単独で発行株式総数又は出資総額の2分の1以上を所有又は出資しないこと。
イ)大企業が複数で発行株式総数又は出資総額の3分の2以上を所有又は出資していないこと。
ウ)役員総数の2分の1以上を大企業の役員が兼務していないこと。
6.研究開発の成果が特定の企業向けでないこと。

■対象事業
(1)新製品の開発
(2)機械又は器具等の省力化、高性能化若しくは自動化のための技術の開発
(3)新物質、新材料の開発又は利用技術の開発
(4)生産、加工又は処理に関する新技術の開発
(5)新システム又は新工法の開発
(6)光学・精密産業、鉄鋼産業、化学産業、印刷産業、健康産業、環境産業等に関する技術の開発

■助成内容
〇助成対象経費
(1)設備購入費
資産として取り扱うもの(耐用年数が1年以上かつ、1個または1組の取得資産が10万円以上のもの)を取得、製造または効用を増加させる設備のための経費
※助成金対象経費総額の50%を上限とする。
(2)謝金
専門家、有識者等に対する謝金
(3)その他費
上記以外の経費
・旅費
・消耗品
・印刷製本費
・資料情報収集費
・通信運搬費
・外注費
・賃借料
・原材料費
・1個または1組の取得価格が10万円以下のもの
・管理費(大学等の規定等に基づき、共同研究等の実施に必要となるものに限る)

〇助成金額
上限150万円(対象経費の2/3以内)
課題・資金使途 研究開発を行いたい、外部企業や研究機関、学校と連携して事業を行いたい
上限金額(助成額等) 150万円
助成率 対象経費の3分の2以内
対象費用 設備購入費,謝金,その他費

申込条件

対象者 板橋区の中小製造業者、グループ
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 製造業
継続年数 創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 東京都板橋区
訪問の必要性 必要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
コンテンツを見る