補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 文化財保全事業等補助金(舞鶴市)

舞鶴市では、地域で受け継がれてきた大切な「文化財」を適切に保全し、未来に継承していくために「舞鶴市文化財保全事業等補助金」を設けて支援を行っています。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年06月30日
上限金額 100万円
地域 京都府舞鶴市
助成率 2分の1(一部は3分の2)
実施機関 舞鶴市
対象者 舞鶴市内の文化財所有者・管理団体等
2022/06/16 更新

特徴

実施機関名 舞鶴市
概要 ■補助対象事業
(1)有形文化財の保全(建造物・美術工芸品等)
 ア 文化財の管理
 イ 収蔵庫の設置
 ウ 防災・防犯設備の整備、保存施設の修理

(2)無形文化財の保全(民俗芸能・伝統行事)
 エ 備品の購入・修繕、収蔵施設の新設・修繕
 オ 記録映像作成

(3)文化財説明版等
 カ 文化財説明版の設置等

■補助対象者
 補助対象文化財の所有者・管理者(自治会・保存会・寺社等)

■補助対象経費
(1)有形文化財の保全(建造物・美術工芸品等)
 ア 文化財の管理
    建造物や美術工芸品等の文化財修理に必要な経費
 イ 収蔵庫の設置
    有形文化財の収蔵施設の新設に必要な経費
 ウ 防災・防犯設備の整備、保存施設の修理
    防災防犯設備の整備に必要な経費
    保存施設の修理に必要な経費

(2)無形文化財の保全(民俗芸能・伝統行事)
 エ 備品の購入・修繕、収蔵施設の新設・修繕
    笛・太鼓・振物用具等の備品購入・修繕費
    備品の収蔵施設の新設・修繕

 オ 記録映像作成
    民俗芸能等の記録映像作成に必要な経費

(3)文化財説明版等
 カ 文化財説明版の設置等
    文化財説明板の設置費等、文化財の普及啓発に資すると認められる経費

■補助率・補助限度額
(1)有形文化財の保全(建造物・美術工芸品等)
   ・補助率:補助対象経費の2分の1
   ・限度額:(指定文化財) 60万円 ※建造物の修理は100万円
        (未指定文化財)30万円

(2)無形文化財の保全(民俗芸能・伝統行事)
   ・補助率:補助対象経費の2分の1
   ・限度額:(指定文化財) 40万円
        (未指定文化財)20万円

(3)文化財説明版等
   ・補助率:補助対象経費の3分の2
   ・限度額:40万円

 ※指定文化財とは、国指定、国登録、府指定、府登録、府暫定登録、市指定の各指定文化財を指します。
 ※国や府の補助を別途受ける場合の補助率は、補助対象事業に要する経費から国・府の補助金額を
除いた経費の2分の1とします。

■申請方法
 必要書類(市ホームページに様式を掲載)に記入し、1部を下記まで提出してください。
(提出期限)
 令和4年6月30日(木)必着(期限厳守)

■提出先・問い合わせ先
 舞鶴市文化振興課歴史文化まちづくり係
 電話:0773-66-1019
課題・資金使途 まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 100万円
助成率 2分の1(一部は3分の2)
対象費用 文化財保全費

申込条件

対象者 舞鶴市内の文化財所有者・管理団体等
事業形態 非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 その他
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 京都府舞鶴市
訪問の必要性 必要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2022年06月30日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る