補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 パワーアップ商業振興事業(新商人育成支援事業)(倉敷市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

商店街組織等が、商店街の空き店舗に、新規創業者を新規出店させる際の、改装費や広告費、最長1年間の家賃を支援することで、次世代を担う商店主の誘致と空き店舗の解消を推進し、商店街を振興します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 130万円
地域 岡山県倉敷市
助成率 3分の1以内
実施機関 倉敷市
対象者 倉敷市内商店街組織等
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 倉敷市
概要 ■補助対象者(=商店街組織等とは)
・倉敷市商店街連合会の傘下の商店街組織(任意団体も含む)
・個人・中小企業を中心に構成され、特定した区域内で継続した活動を行っており、財産管理が適正に行われている商業振興を目的とした組織
・その他、市長が適当と認める団体

■出店者
以下の条件を全て満たすもの
(1)初めての創業で商店街への出店を計画する者
(2)補助対象者が、商店街の賑わい創出に資すると認め、かつ、テナントリーシングの観点からも適当と認め、出店の同意をしたもの
(3)商店街組織等へ加入し、その活動に積極的な参加が可能な者
(4)出店場所での事業継続が見込める者
(5)市税を完納しているもの(倉敷市内の個人・法人)
(6)飲食店の場合、午後6時を境に夜間に比べ昼間の営業時間が長いこと。
※昼間とは、午前6時~午後6時、夜間とは午後6時~午前6時とする。
(7)防火設備の設置など必要な対応がなされていること。

■補助事業
1.改装費等
2.家賃

■補助内容
1.改装費等
〇補助対象経費
工事請負費、広告料

〇補助率
補助対象経費の1/3以内

〇補助上限額
100万円

〇備考
・空き店舗とは、退店後30日以上テナント(新築の場合は概ね1年)募集期間があった店舗。
・工事請負費には、(1)造り付けの造作物(家具・棚、看板等)の作成経費、(2)建物と一体となって機能する又は建物に固定して使用する照明・空調・給排水・ガス等の設備機器及びその設置に要する経費を含む。
・市内に主たる事業所を有する業者に発注する工事のみ対象とする。
・共同店舗等の自己所有店舗は、対象外。
・賃貸関係が生計同一の親族の場合は補助対象外。

2.家賃
〇補助対象経費
使用料・賃借料

〇補助率
補助対象経費の1/3以内

〇補助上限額
年間30万円(年度末まで)

〇備考
・空き店舗とは、退店後30日以上(新築の場合は概ね1年)テナント募集期間があった店舗とする。
・共同店舗等の自己所有店舗は、対象外。
・賃貸関係が生計同一または3親等以内の親族の場合は補助対象外。

■問い合わせ先
倉敷市文化産業局商工労働部商工課
〒710-8565倉敷市西中新田640
TEL086-426-3405
FAX086-421-0121

■案内等
申請の手引き
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/13511/R40401tebiki.pdf
課題・資金使途 建物への投資を行いたい、新しく顧客・販路を拡大したい、まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 130万円
助成率 3分の1以内
対象費用 工事請負費,広告料,使用料,賃借料

申込条件

対象者 倉敷市内商店街組織等
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 商店街
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 岡山県倉敷市
訪問の必要性 必要 要事前相談
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
必須支援機関 倉敷市文化産業局商工労働部商工課
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る