補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 伝統美観保存区域等修景事業費補助金(塩見縄手地区以外)(松江市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

伝統美観保存区域等における伝統的様式を持つ建築物の維持・保全や新築・増改築、工作物及び建築設備等の設置に伴う修景措置に対して補助金を交付する制度です。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 500万円
地域 島根県松江市
助成率 3分の2
実施機関 松江市
対象者 松江市内の伝統建築物持ち主
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 松江市
概要 ■概要
伝統美観保存区域等における伝統的様式を持つ建築物の維持・保全や新築・増改築、工作物及び建築設備等の設置に伴う修景措置に対して補助金を交付する制度です。

■対象者
伝統的建築物の持ち主

■対象事項
〇伝統的な形態意匠の維持保全および修景行為を行う外観部分とその取付のための関連経費
〇補助対象とする面
※建築物の屋根は全面対象、建築物の屋根以外の壁・塀などは道路に接した面のみ対象

対象内容
〇建築物
・屋根→黒系の和瓦を用いること、切妻・入母屋等の棟を持つ屋根形状とすること
・壁面(漆喰)→本白漆喰塗りとすること、一部板張り(古色仕上げ)も可、屋根が黒系和瓦の時に限り補助対象
・壁面(板壁)→木製(古色仕上げ)とすること、屋根が黒系和瓦の時に限り補助対象
・建具・格子・目隠し木製→(古色仕上げ)とすること、建具は引き戸とすること
・庇→黒系の和瓦、銅板葺き、木製(古色仕上げ)とすること
・土台・基礎・擁壁→自然素材を用いること、外観として見えること
〇工作物等
・門→自然素材を用いること、黒系の和瓦を用いた屋根付きのものであること
・塀(塗壁)→黒系の和瓦を用いた屋根または類するもの付き、本漆喰白壁、一部下見板張り(古色仕上げ)の3要件をすべて満たすこと、土台・基礎・擁壁は外観として見え、自然素材を用いること
・塀(板壁)→屋根または類するもの付きであること、板張りは縦方向であること、基礎をもつこと、自然素材を用いること
・竹垣→竹の組み方は問わない
・生垣→延長2m以上または総延長が3m以上あること、樹木の高さは植栽面から高さ70cm以上あること、植栽は連続性を保つこと、樹種は生垣に適したものでること
〇その他
・仮設費・養生費→屋根、壁面、門、塀が補助対象の場合で、補助対象工事に要するものに限り対象
・諸経費→補助対象工事に関する部分が対象

■補助率・限度額
〇建築物
対象事業費の3分の2以下・300万円
〇工作物等
対象事業費の3分の2以下・限度額200万円
課題・資金使途 建物への投資を行いたい、まちづくり・地域活性化を行いたい
上限金額(助成額等) 500万円
助成率 3分の2
対象費用 指定なし

申込条件

対象者 松江市内の伝統建築物持ち主
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)、創業前
業種分類 その他
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 島根県松江市
訪問の必要性 場合によって必要 工事着工前に受け付けのため事前相談
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る