補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 事業継続支援補助金(BCP策定支援事業)(刈谷市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

新型コロナウイルス感染症の感染拡大等による緊急事態において、事業者の事業の継続を可能とし、地域経済の停滞を防ぐこと及び事業者の経営基盤の強化を図ることを目的として、BCPの策定又は改訂を行う市内の中小企業者に対して補助金を交付します。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 50万円
地域 愛知県刈谷市
助成率 2分の1
実施機関 刈谷市
対象者 刈谷市内に本店登記及び事業所を有する中小企業者
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 刈谷市
概要 ■補助対象事業者
〇補助金の交付の対象となるのは、次に掲げる要件のいずれにも該当する事業者です。
1.補助金の認定の申請をした日及び補助金の交付の申請をした日において市内に本店登記(法人の場合に限る。)及び事業所を有する中小企業者であること。
2.現に市内で事業活動を行っており(新型コロナウイルス感染症の影響により事業を休業している場合を含む。)、かつ、今後も市内で事業活動を継続する意思があること。
3.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項、第5項、第11項又は第13項に規定する営業を営む者でないこと。
4.代表者及び従業員が暴力団員(刈谷市暴力団排除条例(平成24年条例第8号)第2条第2号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団(同条第1号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)もしくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。
5.市税を滞納していないこと。

■補助対象事業
補助金の交付の対象となる事業は、補助対象事業者がBCPを策定し、又は改訂する事業とする。ただし、感染症の感染拡大による緊急事態における計画が含まれるものに限る。また、国、都道府県、市町村その他の機関から補助金の交付を受け、又は受ける予定のあるBCPの策定又は改訂は補助対象事業になりません。

■補助対象経費
補助金の交付の対象となる経費は、BCPを策定し、又は改訂する事業に係る業務の委託に要する費用(消費税及び地方消費税相当額を除く。)とする。

■補助金額
・補助率:補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(円未満切捨て)
・限度額:50万円 ただし、同一の補助対象事業者について申請は1度限り。
課題・資金使途 突発的な事象による一時的経営悪化に対応したい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい、専門家に相談を行いたい
上限金額(助成額等) 50万円
助成率 2分の1
対象費用 業務の委託に要する費用

申込条件

対象者 刈谷市内に本店登記及び事業所を有する中小企業者
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 愛知県刈谷市
訪問の必要性 不要
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る