補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 民有地緑化補助事業(刈谷市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

刈谷市では、市内の民有地の緑化の推進を図り、刈谷が緑にあふれ、やすらぎと潤いを与える街となるため、緑化推進基金を設置し、基金を運用して平成21年4月1日から補助事業を開始しました。

公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 83万円
地域 愛知県刈谷市
助成率 3分の2
実施機関 刈谷市
対象者 刈谷市内に住所を有する方及び店舗・土地等を有する方
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 刈谷市
概要 ■対象事業
(1)生垣設置事業
(2)屋上緑化事業
(3)壁面緑化事業

■補助が受けられる方
1.市内に住所を有する方及び店舗・土地等を有する方で、補助対象事業を市内の民有地において実施する方(借地の場合は土地所有者の方の承認が必要です)
2.市税を完納している方
3.上記のほか、過去に補助金を受けた民有地でないこと。(補助金の交付は、1敷地等につき1回限りです)

■補助要件
(1)生垣設置事業
住宅、店舗、事務所、工場又は駐車場の用に供する土地内の道路に面した所に高さ90センチメートル以上の樹木を新たに植栽する事業であって、その延長が3メートル以上で、かつ、植栽延長1メートルにつき2本以上の割合で植栽するものをいう。
(2)屋上緑化事業
建築物の屋上等に樹木等を新たに植栽する事業(プランターを使用する場合にあっては、1基当たりの容積が100リットル以上のものを使用するものに限る。)であって、その緑化対象面積が3平方メートル以上であるものをいう。
(3)壁面緑化事業
建築物及び工作物の道路に面した壁面に樹木等を新たに植栽する事業であって、その緑化対象面積が3平方メートル以上であるものをいう。

■補助金額
(1)生垣設置事業
「樹木の購入及び植栽工事等に要した経費の3分の2」と「植栽延長(m)×5千円」を比較してどちらか少ない方の額(限度額7万5千円)
(2)屋上緑化事業
樹木等の購入及び植栽工事等に要した経費の3分の2」と「緑化対象面積(平方メートル)×2万円」を比較してどちらか少ない方の額(限度額50万円)
(3)壁面緑化事業
「樹木等の購入及び植栽工事等に要した経費の3分の2」と「緑化対象面積(平方メートル)×1万円」を比較してどちらか少ない方の額(限度額25万円)
※樹木等とは、樹木、芝、地被類、つる性植物等で多年性の植物のこと。
※緑化対象面積とは、都市緑地法施行規則で定める方法により算出した面積をいう。
※補助金の交付を受けた者は、5年以上緑化の維持に努めること。
課題・資金使途 環境問題への対応・省エネ対策をしたい
上限金額(助成額等) 83万円
助成率 3分の2
対象費用 生垣設置費,屋上緑化に要する費用,壁面緑化に要する費用

申込条件

対象者 刈谷市内に住所を有する方及び店舗・土地等を有する方
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 すべて(基本的に業種制限なし)
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 愛知県刈谷市
訪問の必要性 必要 工事前に相談
公募期間 2022年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る