補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
制度融資 事業リスタート支援資金(大分県)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

新型コロナや災害など、事業を取り巻く環境の変化により既往借入金の条件変更(返済緩和など)を行っている者、経営状況の改善を図ろうとする者のうち、債権者の合意を得て策定した経営改善計画等に基づく資金調達を行おうとする、県内中小企業者又は組合が利用できます。

借入可能額 2.8億円
金利 1.80% ~ 2.20%
最長借入期間
審査回答期間
実施機関 大分県
地域 大分県
担保 場合によって必要
代表者連帯保証 場合によって必要
対象者 大分県内の中小企業者又は組合

特徴

実施機関名 大分県
概要 ■対象者
県内で保証対象事業を行っている中小企業者又は組合で、以下のいずれかの計画(債権者全員の合意が成立したものに限る。)に従って事業再生を行うもの。
(1)経営サポート会議(信用保証協会等を事務局とした金融機関等の関係者による事業者支援の枠組み)による検討に基づき作成又は決定された事業再生の計画
(2)(独)中小企業基盤整備機構の指導又は助言を受けて作成された事業再生の計画
(3)特定認証紛争解決手続(産業競争力強化法第2条第16項に規定)に従って作成された事業再生計画
(4)(株)整理回収機構が策定支援した再生計画
(5)(株)地域経済活性化支援機構が再生支援決定を行った事業再生計画
(6)(株)東日本大震災事業者再生支援機構が支援決定を行った事業再生計画
(7)私的整理ガイドラインに基づき成立した再建計画
(8)自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインに基づき作成された計画で、特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律(平成11年法律第158号)に基づく調停における調書(同法第17条第1項の調停条項によるものを除く。)又は同法第20条に規定する決定において特定されたもの
(9)(独)中小企業基盤整備機構が出資した投資事業有限責任組合が策定を支援した再建計画
(10)産業競争力強化法に規定する認定支援機関((株)東日本大震災事業者再生支援機構法第59条第1項に規定する産業復興相談センターを含む。)の指導又は助言を受けて作成された事業再生の計画

■資金使途
策定した経営改善計画、再生計画の実行に必要な資金

■融資限度額
設備資金・運転資金 2億8000万円(別枠)

■融資期間
・分割返済:15年以内(うち据置5年以内)
・一括返済:1年以内

■融資率
・10年以内 年1.80%
・10年超 年2.20%

■担保・保証人
保証人については、原則として法人代表者を除いて徴求しないこととする。(経営者保証免除対応の利用可)担保については、必要に応じて徴求する。
課題・資金使途 突発的な事象による一時的経営悪化に対応したい、機械への投資を行いたい、事業再生を行いたい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい

申込条件

対象者 大分県内の中小企業者又は組合
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)、医療法人、非営利法人(医療法人を除く)
業種分類 情報通信業(IT)、製造業、飲食業、小売業、卸売業、建設業、運輸業、医療、介護、不動産業、宿泊業、娯楽業、教育・学習支援業、その他 貸金業、クレジットカード業等非預金信用機関を除く、駐車場業を除く、火葬・墓地管理業を除く、郵便局を除く、廃棄物処理業、政治団体、と畜場、宗教、外国公務を除く
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 大分県
訪問の必要性 不要
担保必要性 場合によって必要
代表者連帯保証の必要性 場合によって必要
保証人の必要性 場合によって必要

借入条件

信用保証 信用保証協会の保証付き
信用保証料率 0.15% ~ 0.15% 国の補助込みの率。補助条件については「事業再生計画実施関連保証(感染症対応型)制度要綱による。
借入可能額(融資限度額) 2.8億円

金利条件

金利(年率) 1.80% ~ 2.20%
金利体系 固定金利

返済方法

返済方式 原則として毎月均等返済
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る