補助金・助成金・融資等を一括検索
地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 中心市街地事務所立地促進補助金(下関市)

解除しました

登録しました

登録しました

解除しました

本市における中心市街地への事務所の集積を促進するため、中心市街地に事務所を立地し経済の振興及び雇用機会の拡大に寄与する法人に対し補助金を交付します。

公募期間 2021年04月01日 ~ 2023年03月31日
上限金額 510万円
地域 山口県下関市
助成率 2分の1
実施機関 下関市
対象者 下関市の中心市街地に事務所を立地し雇用機会の拡大に寄与する法人
2022/07/29 更新

特徴

実施機関名 下関市
概要 ■対象者
下関市の中心市街地に事務所を立地し、経済の振興及び雇用機会の拡大に寄与する法人。
〇要件
・進出場所が、中心市街地活性化基本計画で定める中心市街地であること。
・事務所が本市区域内からの移転又は増設によるものでないこと。
・事務所における新規常用従業員数が2人以上であること。
・市税の滞納がないこと。
・地域経済団体等に加入すること。
・事務所建物は、地階を除く階数が3以上の耐火建築物。等
※下関市創業支援施設の使用者が事務所を立地する場合は一部要件が異なります。
※補助金の交付対象とはならない事業
・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づき、営業の許可又は届出を要する事業
・小売又は飲食を目的とする事業
・サービス業のうち、店舗を有し、不特定多数の個人を対象とする事業
・宗教活動又は政治活動を目的とする事業
・保健、医療又は福祉に係る事業
・銀行法により内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者及び金融商品取引法により内閣総理大臣の登録を受けて証券業を営む者を除く金融業
・事務所を転借した者が行う事業
・その他市長が要綱の目的に合致しないと認める事業

■補助金の内容
1.事務所経費補助金
操業開始日の属する月の翌月の初日から2年を経過するまでの間の事務所の1月当たりの賃借料(共益費、敷金、権利金その他これらに類する諸経費を除く)に2分の1を乗じて得た額(10万円を限度とする)に賃貸借期間(月を単位とする)を乗じた額とする。

2.新規従業員雇用補助金
新規雇用正社員1人当たり30万円、非正社員1人当たり10万円
※最大9人までを補助(1回のみ)
〇対象となる新規従業員の要件
・操業開始日前から事業者の従業員であって、操業開始日までに本市に転入してきた方
・新たに操業開始日までに雇い入れた従業員で、操業開始日前までに本市に住所を有する方
・雇用保険の被保険者であること

■その他
・5年以内に事業を休止又は廃止した場合は、補助金の返還等となります。
・指定の申請は、賃貸借契約後90日以内かつ操業開始日前までに行ってください。

■制度についてのお問い合わせ
下関市産業振興部産業立地・就業支援課
〒750-0006 山口県下関市南部町21-19 下関商工会館4F
Tel:083-231-1357 Fax:083-235-0910
課題・資金使途 オフィス・工場を開設したい、人を雇いたい
上限金額(助成額等) 510万円
助成率 2分の1
対象費用 事務所賃借料,新規雇用に係る費用

申込条件

対象者 下関市の中心市街地に事務所を立地し雇用機会の拡大に寄与する法人
事業形態 法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 情報通信業(IT)、サービス業、製造業、卸売業、建設業、運輸業、医療、宿泊業
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 山口県下関市
訪問の必要性 必要
公募期間 2021年04月01日 ~ 2023年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達のさまざまな手法について、基礎から応用までしっかりとご説明します
コンテンツを見る
専門家に相談
資金調達をお考えの方へ、税理士・会計事務所のご紹介
ページを見る