補助金・助成金・融資等を一括検索

地域
地域を選択(必須)
事業形態
地域(都道府県)を選択
地域(市区町村)を選択
業種分類を選択
課題・資金使途を選択
運転資金
設備投資
不動産
起業・事業開発
事業承継
市場開拓・海外展開
研究・商品開発
人材育成・雇用
生産性向上・IT化
環境対策・地域活性化
新型コロナウイルス感染症対策
専門家相談
外部連携
その他
補助金 美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金(東京都)

都内の民間美術館・博物館等の観光施設が行う新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い求められることとなった「新しい日常」の視点も含めた、多言語対応や新たな鑑賞・展示方法の導入などを支援し、外国人旅行者の受入環境の整備を推進するための新たな補助制度を開始します。

公募期間 2021年04月28日 ~ 2025年03月31日
上限金額 1,000万円
地域 東京都
助成率 対象経費の2分の1以内
実施機関 公益財団法人東京観光財団
対象者 東京都内の民間美術館・博物館等
2022/04/14 更新

特徴

実施機関名 公益財団法人東京観光財団
概要 ■対象者
・都内の民間美術館・博物館等

■補助内容
〇補助対象経費
1.「新しい日常」に対応した取組<新規>
・感染症拡大防止の取組(感染症対策・非接触化・非対面化・密を回避する取組)

2.安全・安心の確保
・敷地内(建物の一部の場合には施設内)のバリアフリー化
・地震や風水害等の自然災害に対する取組(避難経路の多言語化、避難誘導訓練等)
・高齢者、障害者等が快適に鑑賞できる環境整備

3.多言語対応の改善・強化
・パンフレット・ホームページ等の広報物の多言語化
・音声ガイド機器の導入
・敷地内の案内板・展示解説等の多言語化
・多言語対応可能な職員・案内ボランティアの育成
・外国人旅行者も理解しやすい魅力的な多言語解説の整備

4.情報通信技術の活用
・無線LAN環境の導入
・デジタルサイネージの導入
・通訳アプリの導入
・デジタルを活用した新たな鑑賞・体験・展示方法の導入

5.国際観光都市としての標準的なサービスの導入
・クレジットカードや電子マネー等の決済機器の導入
※令和7年3月31日までに事業が完了するものに限ります

〇補助金額
・1施設当たり1000万円(対象経費の1/2以内)
課題・資金使途 海外進出を行いたい、新型コロナウイルス感染症に対する対策を行いたい
上限金額(助成額等) 1,000万円
助成率 対象経費の2分の1以内
対象費用 外国人旅行者の受入環境整備のために実施する事業

申込条件

対象者 東京都内の民間美術館・博物館等
事業形態 個人事業主、法人(株式会社・合同会社など)
業種分類 教育・学習支援業
継続年数 創業1期目、創業2期目、創業3期目、4期目以降
地域 東京都
訪問の必要性 不要
公募期間 2021年04月28日 ~ 2025年03月31日
資金調達を学ぶ
資金調達を支援するための様々な手法について
コンテンツを見る
専門家に相談
基礎知識のご提供をはじめ、頼れる専門家のご紹介
コンテンツを見る